« デコ カンペオナート・ブラジレイロ 初出場!相手はバスコダガマ | トップページ | メイチカはまるでシャッター通りだがね »

2010年9月 6日 (月)

せんとくんとナナちゃんが並ぶ通り

8:45
ナナちゃん人形ってどこですか?
「あぁ、ナナちゃんはねぇ、そこを道路まで行って、後はまっすぐ行くだら(脚色)そぉしたら見えてくるだで」

ほぅら、やっぱり。
と言うことで、慣れ親しんだ道をナナちゃんに向かうと、行く手に立ちはだかったのは「せんとくん」
首都移転反対の立場をとるしらべるにとっては宿敵「せんとくん」
漢字で書くと遷都君。

038

ちなみに首都移転候補地のうち名古屋市は「愛知岐阜地域」
だが「せんとくん」は別の候補地である「三重畿央地域」のキャラクターだ。
「せんとくん」にとって、名古屋はアウェイの地だがね。

畿央という地名はなく、三重・奈良・京都・滋賀4県にまたがる山林につけられた通称。
その地域を走る近鉄が、その駅前に「せんとくん」を飾りたい気持ちはわかるが、名古屋駅に飾るとは、もう首都移転なんてどうでもええんだて。

そんな細かいことを知っている人はまずおらんもんで、亀有の両さん像のように「せんとくん」が心にゃ~人の手によって破損したという話は聞かんがや。

ふと視線を上げると、どえりゃーもんできとるがや
警備員のおじさんに聞いてみるがね
「スパイラルタワーだで。2,3年前に建ったかな。名古屋モード学園のビルだども、それだけじゃやってけれんがね」
そこが地元の大手専門学校「名古屋モード学園」が建てたビルであること。専門学校だけでは、ビル全体は埋まらないので、いろいろな会社が入居していることを 丁寧に語ってくれた。

043

横断歩道の信号が「ぴよぴよ」と言っている。
目が不自由な歩行者に"渡ってええよ"と知らせる、名古屋ならではの音だがね。

歩道を拡張したのか?
以前よりも歩道が車道に向かってせり出している。
遠くにナナちゃんが見えてきた。

記憶の中にあった姿よりも、今日の彼女は小さく見える。
縮んだのか。
幼少の頃に見た景色を大人になってから見ると小さく見えることはある。だが、前回見た時と比べて、自分の身長は1mmしか変わっていない。


039

040

ナナちゃん人形は1973年設置。
名前は公募で決定。
ナナは名鉄百貨店セブン館の「7」からきている。
高さ610センチ

旅の思いではスタチューである。
ピカチュウじゃ・・

041

ピカチュウだった。
それにしても胸にワンポイントなんてせこい。
どうせならば、全身ピカチュウの着ぐるみを着て欲しい。

ナナちゃんのコレクター・スタチューがあったら欲しい。
そう思って「ナナちゃん人形 グッズ」「ナナちゃん人形 フィギュア」で検索をかけてみたが、見あたらなかった。
定期的に着せ替えて、商品展開が広がるだけに、本来ならばおいしい商材だが、人形自体がオリジナルではないため、キャラクター商売のうまみがないのだろう。

9:01
スタチューの撮影では、完全に股下から撮ると決めている。
お台場のガンダム、今日この後に行く鉄人28号と「股下●●」はお約束。

042 

だが、ナナちゃんが相手では、これが限界だった。

ナナちゃんは、名駅の代表的な待ち合わせ場所。
渋谷におけるハチ公、東京駅の銀の鈴のようなもの。
周囲には、これから知多の海に行く少女たちが、うようよしている。
股下でパンツの隙間をのぞくようなアングルを構えたら、彼女たちが一斉に

「なぁにぃ~ きもいおじさん、ナナちゃんの股 撮っとるがね、まじありえんでかんわ」
とツイッターとメールでつぶやかれたことだろう。

「新幹線・全部乗る旅」 旅日記は不定期で連載中です。
目次ページはこちらです。
100系 300系 500系 700系 レールスター N700系に一日ですべて乗る品川-博多の旅日記


|

« デコ カンペオナート・ブラジレイロ 初出場!相手はバスコダガマ | トップページ | メイチカはまるでシャッター通りだがね »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« デコ カンペオナート・ブラジレイロ 初出場!相手はバスコダガマ | トップページ | メイチカはまるでシャッター通りだがね »