« 500系写真館 | トップページ | 神戸新長田 鉄人28号 写真館 »

2010年9月16日 (木)

サヨナラ勝ちくらいで、水をかけるな!

2010年9月10日
巨人 5x - 4 広島
球場:ハードオフ新潟(巨人主催試合)

延長10回
小笠原がサヨナラホームラン
打った瞬間ホームランだと確信した小笠原は走り出さず、打球の行方を立ち止まって見送った。
「感触は良かったけど、ちょっと危なかったな。やっぱり、走らないかんな」
ゆっくりとダイヤモンドを一周すると、仲間の手荒い祝福が待っていた。

頭を叩かれ、水をかけられ・・

っておい矢野、水をかけるな!

サヨナラ勝ちした直後、ベンチにいた選手がペットボトルの水を持ってきて、殊勲の選手にあびせかける。
とてもはしたない行為だ。

そのモデルとなっているのが、優勝が決まった後、祝勝会のビール掛けであることは容易に想像がつく。
しかし、優勝とサヨナラ勝ちでは重みが違う。
優勝は70勝、80勝といった積み重ね。
サヨナラ勝ちは、たかだか1勝のことだ。

しかも、祝勝会のビール掛けは宴会場で行われている。
サヨナラ勝ちの水かけは、たった今までスポーツをしていたグラウンド。
大半の選手はベンチからグラウンドに足を踏み入れる際、試合が終わって退出する際には帽子をとって一礼する、そのグラウンド。

また、試合が終わったばかりであり、戦った相手の選手もまだ目の前にいる。
敬意を欠く行為でもある。
ベンチに引き上げる負けたチームの選手は、羽目を外す光景を見て腹が立つだろう。
もしかすると、次戦が同一カードの場合「水かけ」チームの勝率のほうが低いかも知れない。

ネットでしらべると、次のような現状がわかった。

・発端はオリックスバファローズがサヨナラ勝ちした時、元近鉄の選手が水をかけた
・ロッテ、西武がよくやっている
・中日、横浜、広島、楽天もやっている
・阪神、ヤクルト、日本ハム、ソフトバンクの水かけは見つからなかった。

そしてこの日、巨人のサヨナラ勝ちでは初めて見た。
「巨人軍は紳士たれ」
っていうじゃない~ 残念っ!

という古いギャグで締めてみました。
プロ野球選手の皆さん、いま一度その行為がプロスポーツマンとして的確かを考えてみましょう。

プロ野球用語

| |

« 500系写真館 | トップページ | 神戸新長田 鉄人28号 写真館 »

スポーツ」カテゴリの記事