« 新鳥栖駅のゆるキャラ「トッスィ」を応援したい! | トップページ | デザイン大賞に選びたい!新幹線新鳥栖駅 »

2011年1月 5日 (水)

[適用][OK]と[OK]の違い

「僕はパソコンには詳しいよ
まぁ、プロではないけれど、世の中の一般的なビジネスマンの中では、割と使いこなしている部類に入ると思うな」

あえて口には出さないものの、そう自負しているあなた。
新年早々、第一問です (^_^ )

あなたは今、Windowsパソコンでユーザー設定の変更をしたところです。
そのダイアログの下の方には、
[OK][キャンセル][適用]
3つのボタンが並んでいます。

さて、[適用]をクリックしてから[OK] と
[OK]だけをクリックするのは、どう違うでしょう?

少し改行を入れます。宙を見据えて、考えてみてください。

余談ですが、左上の宙を見上げた人は、きっとハズレです。

結論から言うと
[OK]と[適用]の違いは "ダイアログを閉じるか、閉じないか"。

[OK]をクリックすると、設定ダイアログが閉じる。
[適用]をクリックすると、設定ダイアログが閉じない。

[OK][適用]共に設定変更は反映される。

[適用]を押さないと、変更が反映されない気がして[適用]→[OK]と押していた人もきっといるでしょう。

[OK]と[適用]の使い分けとしては、
設定ダイアログをすぐに閉じたい時は[OK]
つづいて、他の設定もする場合は[適用]

大概の場合は[適用]のみで事足りるはず。
これまで[適用]→[OK]と押していたあの行為は何だったのか?

一つの会社に[適用]→[OK]とやっている人が100人いて、1人当たり月1回の割合で設定を変更しているとしたら・・・

会社は年間 3,000円を失っている・・ ちいさっ
(1回あたり3秒。平均1人1時間当たりコスト3,000円で計算)

あまりに小さい話で、話のオチとして物足りませんが [適用]の呪縛から逃れることで、ストレスが1つ減ることは間違いありません。

|

« 新鳥栖駅のゆるキャラ「トッスィ」を応援したい! | トップページ | デザイン大賞に選びたい!新幹線新鳥栖駅 »

パソコン」カテゴリの記事