« 光前頭が光る!長さ56cm 巨大な「大人の超合金 新幹線0系」 | トップページ | 「マッチ箱に入れてきなさい」 »

2011年10月19日 (水)

webツールバーが出ないようにする方法

エクセルの画面が突然おかしくなることがある。
全体的に下にさがっている。
いつもと何処が違うのか?
それは webツールバーだ。

エクセルを立ち上げている時、ブラウザーでweb環境に置いてあるエクセルファイルを開くことがある。
すると、立ち上げていたエクセルのほうに、webツールバーが出てしまうのだ。

webツールバーは要らない。邪魔だ。
表示>ツールバー
と進んで web に入っているチェックを外すと webツールバーは消える。
だが、出る度にこの操作をしなければならないのは面倒だ。

このwebツールバーを出ないようにする方法はないのか?
ない  はやっ
そこで自分で考えた。

そうだ!出るのが嫌ならば、出してしまえばいいのだ。

1,webツールバーはツールバーの下に出る。

2,エクセルの画面上に、ツールバーの空き地を探す。

Web_toolbar1

3,webツールバーをドラッグして、ツールバーの空き地へドロップする。

Web_toolbar3

これで、作業は終わり。
こうしておけば、webツールバーが現れても体裁が変わらないため、邪魔くさくない。

そして、この操作をしてみて、新発見があった。

4,次回エクセルを立ち上げた時、右下に出ていたはずの webツールバーが、消えてなくなっているのだ。

Web_toolbar4

5,そして再び、エクセルを立ち上げたまま、ブラウザーで .xls ファイルを開くと、自分が決めた位置にwebツールバーが出た。

Web_toolbar5

これならば、レイアウトが崩れないので、違和感がない。

空き地が狭い場合は、既存のツールバー、webツールバーから「使っていないボタン」を消す。そうすれば、空き地が増える。

ど素人!エクセル講座

|

« 光前頭が光る!長さ56cm 巨大な「大人の超合金 新幹線0系」 | トップページ | 「マッチ箱に入れてきなさい」 »

パソコン」カテゴリの記事