« RZV500R 初期費用と維持費 | トップページ | 日本プロ野球 FA フリーエージェントの歴史 »

2011年11月15日 (火)

2012年2月5日 第13回WRJ ハーフマラソン

WRJから封書が届いた。
WRJ新春ランニング感謝祭の案内状である。

第13回ワールドランナーズジャパン新春ランニング感謝祭
多摩川河川敷川崎側で開催される大会。
種目は5km、10km、ハーフ

スタート/ゴールは古市場陸上競技場。
ここから北に向けてコースを取り2往復する。
3月開催の「川崎ハーフマラソン」は同会場から二子玉川まで走る1往復。
河川敷はどこまで走っても景色に大差がないので、2往復制はあまり苦にならない。

主催者のWRJは走ることで飢餓の終わりに貢献しようというNPO。
経費を差し引いた収益はその活動に充てられる。

この大会の特徴は
とにかく安くハーフが走れること

参加費は2,000円(川崎ハーフは3,000円)
エイドは5kmごと

日曜日に多摩川河川敷を走るのは無料だが、ハーフの距離を走るにはかなり重い水を持って走らなければならない。
この大会に出れば、給水付きでハーフのタイムトライアルができる。

開催は2012年2月5日(日)
去年までは建国記念の日前後の土曜日開催だったが、今回は1週早い。
東京マラソンの3週前にすることで、その調整に充てる人が増えそうだ。

参加者は2010年が296人、2011年は321人。
川崎ハーフと比べて、混雑の度合いは変わらない印象だった。

2011年はあいにくの雪に見舞われて、鼻水を垂らしながら走ったが、1週早めることで好天が期待できるかも知れない。

10:30号砲
案内状に制限時間は記載されていない。
恐らく昨年同様、2時間45分と思われる。

タイム計測、完走賞の発行といった付帯サービスは何もないが、WRJボランティアの皆さんがとても暖かい。
男女更衣室などの設営もしっかりしている。
また走りたい大会である。

ど素人!マラソン講座

| |

« RZV500R 初期費用と維持費 | トップページ | 日本プロ野球 FA フリーエージェントの歴史 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« RZV500R 初期費用と維持費 | トップページ | 日本プロ野球 FA フリーエージェントの歴史 »