« 岡田副総理「大胆に乱暴にやらせていただくとお願いした」 | トップページ | 定年退職の送別会 失礼にならず感動してもらうスピーチ例 »

2012年3月13日 (火)

ハートランドへの手紙 #2

佐野さん56歳の誕生日おめでとうございます。
今年もまた佐野さんの歌声を直に聴くことができることを嬉しく思います。

社会のこと
会社のこと
身の回りのこと

このところ、考え込んでしまうことが増えました。
そんな時いつも「約束の橋」をカーステレオで
歌うことにしています。

佐野さんは「サムデイ」を"僕の曲だ"と笑っていましたが、仮に勝手にこれが僕の曲だと選べるならば、間違いなく「約束の橋」を選びます。
自分の葬式になにか1曲音楽をかけてくれと遺言を残すならば、この曲をかけてそれにメッセージをのせて欲しい。

送別会の二次会がカラオケだった時は、この曲を歌って餞としています。

ところが最近困ったことがあって
いつも一番の「くじゃく」と2番の「つばめ」の順番を間違えてしまうのです。
かつて、もっと若い頃は歌詞カードを見ずに歌えていたのに。
これも人生に迷っているからでしょうか。

間違わないようにするコツがあったら教えてください。

あ、これQ&Aじゃなかったですね。

ということで、これからも佐野さんの音楽全てに
関心を持ち予算をつぎ込みたいと思っています。

また新たなるかっこいいロックナンバーを聞かせてください。

2012.3.13 moto

佐野元春の歴史

| |

« 岡田副総理「大胆に乱暴にやらせていただくとお願いした」 | トップページ | 定年退職の送別会 失礼にならず感動してもらうスピーチ例 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岡田副総理「大胆に乱暴にやらせていただくとお願いした」 | トップページ | 定年退職の送別会 失礼にならず感動してもらうスピーチ例 »