« 定年退職に憧れる最後の世代 定年と雇用延長 | トップページ | マラソンレースにおける上りと下りの考え方 »

2012年3月 9日 (金)

定年退職の送別会 最も重要なポイント

定年退職の送別会。
一番重要なのは店選びだ。
そこで、送られる側の満足度が決まる。

 

過去に体験した例をご紹介したい。

 

**年**月、サトウさんの送別会の幹事となった。
店は若者で賑わう繁華街にあるパブレストラン。
お店を貸し切りにしてもらった。

料理は同じものが各テーブルに大皿で置かれる。
テーブルやカウンターなど、どこに座るのも自由。
飲み物は各自でカウンターに取りに行く。

主役のサトウさんの周りには、入れ替わりいろいろな人がやってきて、思い出話をする。
送別会というよりは、街コンのような自由な雰囲気。
サトウさんも、参加者も皆楽しんでいるようにみえた。

 


その光景を見ていた、定年が近いスズキさんが僕に言った。

「おまえ、段取りがなってないよ。定年の送別会だぞ!こういうところでやるもんじゃない」

スズキさんは、送別会というのは格式にのっとり、落ち着いた雰囲気でやるものだという。

 

さてその半年後、スズキさんが定年する日がきた。
送別会の幹事はスズキさんが子飼いにしていたタナカ君。

タナカ君はスズキさんの好みを汲んで、座敷の部屋を用意した。

役員の挨拶
花束贈呈
1人ずつ代わりばんこにその場で立ち上がり、贈る言葉を述べる。
主賓挨拶
宴席は粛々と進む。

 

ところが、主賓席の後ろには、人ひとりが通るのも厳しいスペースがあるのみ。
座敷が手狭なのだ。

コース料理ということもあり、席を離れるのもためらわれる。
結局、スズキさんは両隣りに座った役員、部長としか話せなかった。

 

帰り際、立派な花束を抱えたスズキさんが僕の前を通り過ぎるとき、こういった。

「やっぱり、君の仕切りのほうがよかったよ」

 


立食パーティにしてしまうと、お年寄りは壁の椅子に座ってしまうので、一体感が失われる。

そこで、以下のようにセッティングする。

座席は島式のテーブル。
自由に席を替われる机と椅子の配置。
料理は大皿。
飲み物はカウンターから各自でデリバリー。
そして、参加者数と同じくらいのキャパシティの店を選び、貸し切る。

そうすれば、幹事が自由に立ち回れる。
また、部屋数の多い店と違い、店主が親身に相談にのってくれる。

 

つづき

 

 

| |

« 定年退職に憧れる最後の世代 定年と雇用延長 | トップページ | マラソンレースにおける上りと下りの考え方 »

ビジネス」カテゴリの記事