« どこを見て仕事をするか? | トップページ | 太陽の塔 黄金の顔 上京! 江戸東京博物館に会いに行く。 »

2012年4月20日 (金)

「人はなぜ塔を作るのか」「人はなぜ塔に上るのか」

2012年5月22日
あと1ヶ月で東京スカイツリーが開業する。

 

開業が近くなるに連れて、メディアで増えている問いかけがある。
「人はなぜ塔を作るのか」
「人はなぜ塔に上るのか」

 

ところが、どれどれ答えは何かなと読んでいくと、答えが書いていないことが多いのである。
このように「なぜ、**なのか?」「**の理由」といった見だしを立てておいて、結局答えは書かずに、ひどいものになると「答えはあなたの中にある」などと結んでしまう書き手もいる。

 

しらべるでは、そんなことがないように心がけている。
このウェブサイトは、答を端的に示すために始めたのだ。

 

 

「人はなぜ塔を作るのか」

 

仏塔の場合
●「信仰の拠り所として必要だから」
 仏教では塔は仏塔と呼ぶ。
 五重塔も仏塔である。

 

電波塔の場合
●「広範囲に電波を供給するためには、電波塔が必要だから」
 東京タワー、東京スカイツリー、名古屋テレビ塔などはいずれも電波塔。
 スカイツリーに電波塔としての役割を譲る東京タワーは、5月以降はオブジェとなる。

 

仏塔でもなく電波塔でもない塔を建てる理由は、
●観光客を呼びたいから。
●町の象徴として住民の心の拠り所をつくるため。

 

「人はなぜ塔に上るのか」
●高い所が好きだから。
●広い範囲の景色を見渡せるから。
理由としては遊覧ヘリコプターに乗る理由と変わらない。

 

2000年4月20日に始めた「しらべる」は、毎日更新を続けて来て12年を迎えました。
いつも読みに来てくださってありがとうございます。
また時々思い出して、お越しください。

 

しらべる

 

| |

« どこを見て仕事をするか? | トップページ | 太陽の塔 黄金の顔 上京! 江戸東京博物館に会いに行く。 »

ノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どこを見て仕事をするか? | トップページ | 太陽の塔 黄金の顔 上京! 江戸東京博物館に会いに行く。 »