« ポルトガル ユーロ初制覇へ TBSが中継しない2試合 | トップページ | 坂ダッシュと心肺機能の向上 »

2012年6月 6日 (水)

TSUTAYA100円が長期化する理由

TSUTAYA100円とは、TSUTAYAが不定期で実施している旧作の特価期間。
旧作DVD(映像ソフト)の1週間レンタルが 1枚100円になる。
ケースに「旧作」とわざわざ表示はない。
「新作」「準新作」のステッカーが貼っていないものが100円である。
ちなみに準新作は1週間借りると400円。
すぐ見たい気持ちをちょっと抑えて、次の旧作100円まで待てばよい。

TSUTAYAのメルマガ「TSUTAYAメール」に店舗登録していると、いろいろな案内メールが届く。
旧作100円が始まる時も同様にそこに情報が載る。
クーポン提示が必要な時と、何も要らない時がある。ある時クーポンを持たずに行ったところ、やはり一切貸してくれなかった。
TSUTAYA100円は、TSUTAYA会員ならば誰でも利用できる。

TSUTAYA100円は地域によって実施日がちがう。
東京都内では2010年は年5回程度の実施だったが2011年は格段に実施回数が増えた。
当時、近隣県に居住する知人によると、そちらではさらに頻繁にTSUTAYA100円が行われていた。また同じ東京都内でも店舗により、ばらつきがある。

年間200作品ほど見るとなると、TSUTAYA100円はありがたいサービス。
日頃から見たい映画をチェックして、リスト化しておく。
そして、TSUTAYA100円の時にまとめて借りてくる。
それを1週間かけてディスク(DVD-RWなど)にダビングしておく。
それを、何も見たいテレビ番組がない日に見る。

2010年からTSUTAYA100円のチェックを始めた。
当初、実施期間は週末の2~3日間だったが、2012年4月からはおよそ2ヶ月行われた。

TSUTAYA旧作DVD100円 ある店舗の実施記録<東京都>
■2010年7月23日~25日
■2010年12月3日~5日
■2011年4月15日~17日
■2011年5月28日~29日
■2011年7月22日~24日
■2011年8月26日~28日
■2011年12月2日~4日
■2011年12月16日~18日
■2011年12月28日~30日
■2012年1月13日~20日
■2012年2月18日~19日
■2012年4月13日~6月7日

映像ソフトを借りて、DVDの機械にセットして見て、そしてまた返却に行く。
そのライフスタイルが衰退しているのだろう。
返却は郵便でできるサービスもあるが、そちらも好調とは言えない。

その要因の1つにはHDレコーダーの高機能化がある。
かつては同時間帯には1番組しか録画できず、仕方なく視聴をあきらめることが多かった。
現代は同時3番組録画が主流。
こうなると、なかなか録りためておいた番組が減らない。
もう1つの要因は、20~30代を中心に映像、テレビはスマホで見るというスタイルが定着しつつあること。

いずれにせよ、TSUTAYA100円ユーザーとしては、利用期間が増えることは歓迎である。

| |

« ポルトガル ユーロ初制覇へ TBSが中継しない2試合 | トップページ | 坂ダッシュと心肺機能の向上 »

ビデオ・映像」カテゴリの記事