« 元春の破壊活動 | トップページ | 本体JALの攻勢 »

2012年7月 7日 (土)

「反省は何も生み出さない」

「反省は何も生み出さない」
ある有名なスポーツ選手の言葉だ。

言葉はそれだけで終わっており、補足の説明はついていない。
こういう時、言外にどのような言葉を聞くかが重要だと思う。

「反省は何も生み出さない」
   ↓   ↓
「反省なんかしたってしょうがないよ。
反省している暇があったら、切り替えて、次はどうすればいいかを考えた方がいい」

もしも、そう聞こえたとしよう。
そう聞こえた人は次にこう考えるわけだ。

反省という行為そのものが不毛である。
悪い結果についてはもう何も考えない。
後ろを振り返ったって、何も生まれないよ。
切り替えて、前を見ていこう。

どうだろうか。
賛同しますか?

それでは次に別の言葉を聞いた場合について触れる。

「反省は何も生み出さない」
   ↓   ↓
「起きたことについてはまず振り返って考え、一定の評価をする。
次にどうすればよいかを決める。それを実行して次回に臨み、そしてまた振り返る。
こうして新しい価値が生まれるんだ」

このように聞こえた人は次にこう考えるわけだ。

単に反省するだけでは何も生み出さない。
反省だけではなく、
分析→定義→設計→実施をすべて行うことが大切なんだ。

どうだろうか。
賛同しますか?

| |

« 元春の破壊活動 | トップページ | 本体JALの攻勢 »

ノート」カテゴリの記事