« お腹がへこんだ体型になる方法 | トップページ | 2012年夏季五輪女子マラソンプレビュー »

2012年7月21日 (土)

腹だけ痩せる方法 フラット歩法の習得方法

お腹がへこんだ体型になる方法

前回、お腹だけ痩せる方法は「フラット歩法」を修得することであると書いた。
では実際に「フラット歩法」の修得方法をご紹介しよう。

フラット歩法とは簡単に言うと「前足着地」の歩き方。
人は皆、前足ではなく「かかと着地」で歩いている。
市民ランナーは「かかと着地」で走っている。
これをかかとではなく、土踏まずよりも前で着地するのである。

"土踏まずよりも前"をさらに細かく言うと、足の指の付け根。
指で着地してはいけない。

まず前足着地で歩いてみる。
すると筋力の弱いOLがハイヒールで歩いているような歩き方。つまりおっかなびっくり地面を探るような歩き方になることがわかる。
その理由は腹筋と背筋に力が入っていないためだ。
腹筋はまだしも、背筋に力を入れる?と首をひねると思う。

その方法が骨盤前傾。
歩き始める時に、骨盤を前傾させる。
ここで今度は、骨盤を前傾させる?がわからない人がいると思う。
これについて説明しよう。

まず "まっすぐに立つ"
つづいて、両手の拳を腰の位置、お尻の上に置く。
左の尻の上に左拳、右の尻の上に右拳だ。
そして骨盤を前傾させる。
と言ってもわからない人のために、不正確だがわかりやすく言うと「尻を突き出す」
ただし体が前につんのめってはいけない。
背骨は最初に"まっすぐに立つ"の角度を保つ。
女子体操の選手が着地して両手を横に広げたアピール・ポーズを作る。
あれをイメージすると良い。

骨盤が前傾したら歩き始める。
着地は足の指の付け根あたり。
すると自然に腹筋と背筋に力が入る。
逆に言うと力を入れなければ、この姿勢では歩けない。

1度、以下のようなイメージで歩いてみると良い。

あなたは激しい内戦の渦中にある町に住んでいる。
眠っていたあなたは、けたたましい爆音で目をさます。
あなたは靴を履く暇もなく表に飛び出し、爆音と逆の方角へ逃げる。
道には割れたガラスが飛び散っている。
裸足のあなたはガラスの隙間を選び、できるだけ足裏の接地面積が少なくなるように歩いていく。

この時の歩き方がまさにフラット歩法である。

もうひとつのアイデアとしては、職場でナイキフリー5.0または7.0を履くことがある。
この靴は外を歩いている時は気にならないが、静寂な室内を歩いていると着地音がうるさい。
きゅっ きゅっ という乳幼児のサンダルのような音がするのだ。
その音は「かかと着地」で起きている。
前足着地のフラット歩法では音がしないのである。
ナイキがそこまで考えて作っているわけはないが、フラット歩法の実践に有効な靴だ。

| |

« お腹がへこんだ体型になる方法 | トップページ | 2012年夏季五輪女子マラソンプレビュー »

心と体」カテゴリの記事