« Windows8 WindowsRT そして注目のMicrosoft Surface | トップページ | 鉄人フィギュア 最終回 »

2012年8月28日 (火)

マラソン講座は五輪マラソンを冬季五輪で行うことを提唱する。

川内優輝が優勝した。
2012年8月26日に行われた、第26回北海道マラソンのことである。

北海道マラソンは、日本では8月に開催される唯一のマラソン。
2009年から制限時間が5時間に延長されたが、依然として中級者以上のランナーに人気が高い大会だ。

北海道マラソンの歴史

1987年
第1回大会

2009年
8月30日、第23回大会
制限時間を5時間に延長
参加人数を8,000人に拡大
北海道大学構内、北海道庁赤れんが前を通るコースにリニューアル。

2010年8月29日
およそ8,800人がエントリーして8,000人が出走。気温が30度を超えた。

2011年8月28日
第25回開催 定員が9,200人に増えた。史上最多の8,650人が出走。完走は6,838人。

2012年8月26日
第26回開催 コース変更 スタート時気温28度。

比較的涼しい北海道と言えども、レースは30度を超えることがある。
準備不足なランナーにとっては、危険なレースになりつつある。

今大会、川内優輝の優勝タイムは2時間18分38秒。
彼のベストタイムからはおよそ10分遅い記録だ。

ロンドン五輪代表を争ったライバル、藤原新の自己ベストは2時間7分48秒。
ロンドン五輪のタイムは2時間19分11秒で、ベストタイムからはおよそ11分遅い記録だった。

マラソンシーズンは9月に始まり4月で終わる。
5月から8月はトラックシーズンである。
大半の陸上競技のシーズンは「夏期」だが、マラソンは「冬季」のスポーツなのだ。

マラソンは冬季五輪でやることが望ましい。
マラソンに限らず、秋~春にかけて行い、真夏はオフシーズンとなる「サッカー」も同様だ。

「陸上だから夏期」
という呪縛をいったん外して、冬の競技は冬季五輪で行うという見直しを望む。

ロンドン五輪男子マラソンで優勝したキプロティク(国籍:ウガンダ)のタイムは2時間8分1秒。
世界記録から5分も遅い。

罰ゲームのような気候とコースで行うのではなく、
勝負に徹した駆け引き大会でもなく、
優勝者が世界記録に迫るような、真のマラソン世界一を決める大会が見たい。

ど素人!マラソン講座

|

« Windows8 WindowsRT そして注目のMicrosoft Surface | トップページ | 鉄人フィギュア 最終回 »

マラソン」カテゴリの記事