« 日清の皆さん どん兵衛かき揚げの別売をたのみます | トップページ | iPhone5 気泡ができない液晶保護フィルム わかりやすいマニュアル »

2013年1月 7日 (月)

iPhone5 に付いてくる最低限の付属品

しらべる

iPhone5はとても、よくできた機械である。
メディアで取り上げられていた情報から得ていた感触と、実際に使った感触がかなり違う。

これは使える!
という機械を手に入れた場合、人はある一定の行動を取る。
それは、その周辺機器を手に入れて、よりよい利用環境を手に入れようとすることだ。


iPhone5の箱を開ける。
付属品はこの3つ限り。

I5_fuzoku 
iPhone5で撮影

左から
USBケーブル
コンセントプラグ
ヘッドホン

iPhone5「黒」を買っても、付属品は「白」

キャリアの宣伝チラシや、箱から出ることなくしまい込む奇特なケーブルは入っていない。

電子的音楽プレーヤーはウォークマンを使っているという人が、ヘッドホンをそのまましまい込むかも知れない。

ちなみにこのヘッドホン、ウォークマンを聴くこともできる。
ただし、右耳のそばについているボリュームコントローラーはウォークマンでは作動しない。
一度ケースから出したあとも、きれいにコードを巻き付けながら収納できるケースが便利だ。


USBケーブルは、束ねるクリップなどは付いていない。
引き出しにしまっておく分にはいいが、持ち歩くにはやぼったい。
付属品を自宅用にして、持ち歩き用には、

サードパーティから出ている iPhone5対応のUSBケーブル 75cm リールタイプを買うとよい。

Code
iPhone5対応 Lightning ライトニング USBケーブル 75cm リールタイプ 4層PCB 24金メッキ 実勢価格1,000円

当然ながら、コードを巻き取ろうとする力が働くので、機体を持っているとコード側に引っ張られる。
充電しながらの使用には向かない。

リールタイプを使う時は、充電に専念する必要がある。
出先のコンセントがある場所で、充電しながら使いたいという場合は、リールタイプは向かない。


お気に入りのものは、大切に使いたい。
便利なものは、さらに便利に使いたい。
つづいては、
iPhone5に付いてないもので、あるといい順に3品を挙げていこう。

iPhone5に付いていない、あるといい周辺機器

ど素人!iPhone5講座

| |

« 日清の皆さん どん兵衛かき揚げの別売をたのみます | トップページ | iPhone5 気泡ができない液晶保護フィルム わかりやすいマニュアル »

ハード・モノ」カテゴリの記事