« iPhone5 に付いてくる最低限の付属品 | トップページ | iPhone5 見栄えがするTPUケース »

2013年1月 8日 (火)

iPhone5 気泡ができない液晶保護フィルム わかりやすいマニュアル

まず始めに、液晶保護フィルム。

「iPhoneを使っている人は、皆、液晶が割れている」
という情報をもたらしてくれた知人がいた。
そういう人は、よく落とすらしい。
あとは何かにぶつける。
前も見ず、スマホをのぞき込んで歩く
スマ歩族」 
(c)しらべる
があれだけ多いのだから、落としたり、ぶつけたりするのだろう。

これまでにいくつかの液晶電子機器を使ってきた。
電子手帳、パソコン、携帯テレビ、スマホ
確か一度、電子手帳をコンクリートの地面に落として、液晶が割れたことがあった。

衝撃を受けた時、液晶が割れないよう保護するガラス製のフィルムも売られている。
実勢価格1,500円程度。
画面の感度は落ちないか。
厚い分、重さを感じないか。

そこで、まずは標準的な保護フィルムを貼る。
そして必要を感じたら、貼り替えればよいだろう。

初期はiBUFFALOから出ている「誰が貼っても絶対気泡ができない イージーフィット液晶保護フィルム」を選んだ。
貼っているうちにホコリが混入した時に備えて、ホコリとりシールもついている。
一カ所だけ、ホコリが入ってしまいそこが気泡になっているが、それ以外は確かに気泡が見あたらない。


2つめは「手順書」

基本操作は、本体に収録されているiPhoneユーザーガイドでわかる。
しかし、使いこなすためには、入門書を読んだほうがよい。

iPhone5専門書は多数、出版されている。
比較検討が必要な場合、amazonではわからない。
自分の目で見ることが必要だ。

ここは、書店店頭へ。

コンピューター関連書籍は、圧倒的に右開き横書きが多い。
パソコンやインターネットはタテ方向に画面がスクロールする。

そして、英単語を書くためには、横書きが向いているからだ。
iPhone5書籍もご多分に漏れず、横書きばかり。

その中で2つだけあった、左開き縦書きに絞り込む。


アプリ寄りの書籍が多いなか
iPhone5お得技ベストセレクション」
晋遊舎  2012/11/28 発行 680円

は、ど素人!スマホ初心者が知りたいこと。
役に立つ情報がわかりやすく、書かれている。


つづく 3つめは「保護ケース」

ど素人!iPhone5講座


| |

« iPhone5 に付いてくる最低限の付属品 | トップページ | iPhone5 見栄えがするTPUケース »

ハード・モノ」カテゴリの記事