« とくしまマラソン 関東から3つのルート | トップページ | コレクターにとって、30cm定規が必需品である理由 »

2013年4月19日 (金)

とくしまマラソン前日観光の見どころ

とくしまマラソンは4月の第3日曜日開催。
全国どこのマラソン大会でもそうだが、その時期に伝統的な観光イベントは行われていない。
*阿波踊りの開催は、8月12日~15日。

まずは徳島市立体育館で前日受付・・
と行きたいところだが、受付は12:00~19:00。
朝一便の飛行機や新幹線で徳島入りすると、早めのお昼を済ませる程度の時間がある。

徳島でお昼の定番は「とくしまラーメン(中華そば)」
あらゆるガイドブックで真っ先に紹介されているのは「いのたに」
1999年9月~2000年5月、新横浜ラーメン博物館に出店しており、とくしまラーメンの知名度を上げた。
前日お昼と夜のカーボローディング〆は、とくしまラーメンで。
肉入りラーメンをおかずにして、御飯を食べるとよい。

ただし、いのたには徳島駅から少々離れている。
徳島駅周辺のラーメン屋でお昼を済ませて、時間が余るならば徳島駅で土産ものを物色する。
お世話になっている人への贈り物を、ここから送れば喜ばれるだろう。

徳島名物の「フィッシュカツ」
池添蒲鉾店が1954年から販売しているすり身のカツ。
徳島駅B1F 食品売り場 徳元海産物店に卸している。
レース後の完走賞としてふるまわれる「フィ
ッシュカツ」も池添蒲鉾店の作によるものだ。

徳島駅から受付会場の徳島市立体育館は、眉山とは逆方向へ徒歩7分。
受付を済ませたら、少しだけ観光に出る。
ただし、レース前日に歩き回るのは大いなるマイナス。
駅のそばにはレンタサイクルがあるので、好天ならば自転車・バイクを借りるとよい。

めざすのは、さだまさしの小説・映画にもなった「眉山」
徳島駅から徒歩11分。
登山家が挑む類の山ではないので、地元山岳関係者が選ぶ「四国百名山」には入っていない。

高さ290m
東京タワーと同等の高さから、徳島市内を一望できる。
麓から山頂までロープウェイで6分。
ロープウェイ乗り場は「阿波おどり会館」の中にある。
ここでは、季節外れの阿波踊りを体感できる。

自転車を借りることができて、余力があるならば、南内町演舞場の設置場所に足を伸ばす。
ここは映画「眉山」「阿波ダンス」のクライマックスシーンの舞台にもなった阿波踊りのメイン会場。
新町川沿い 両国橋交番そば 徳島駅から徒歩12分。
ただし、日頃はなにもない。

長年のATOKユーザーとしては、徳島に来たらジャストシステムに挨拶しておきたいところだが、市街地からは遠い。
ホームページを見ても、見学については何も載っていなかった。そもそも、土曜日は休みだろう。

| |

« とくしまマラソン 関東から3つのルート | トップページ | コレクターにとって、30cm定規が必需品である理由 »

マラソン」カテゴリの記事