« コレクターにとって、30cm定規が必需品である理由 | トップページ | 内ポケットにトランジスタラジオ »

2013年4月21日 (日)

最大に弱いコレクター 小太郎をのみ込むエリザベス

30cmの定規は、購入前の商品の高さを実感するのに役立つ。
G.E.M.銀魂 エリザベス
プレミアムバンダイで過去に受注生産されたエリザベスの特大フィギュア。

高さ:26cm 1/8スケール ということはプロップでは、エリザベスの身長は 208cmということになる。そんなに大きいのか・・
30cm定規を机に立ててみる。
パソコンモニターの半分くらいの高さだ。
京本コレクションNEOウルトラマンAタイプ(60cm)の半分。
だが、細身のウルトラマンとは違い、エリザベスには前後に幅がある。
エリザベスの底面は円に近いからだ。
高さはそこそこだが、実際に置くとこれはけっこうでかい。

大概のコレクターは「限定」に弱い。
そしてキャラクターのコレクターは「限定」と並んで「最大」にも弱い。
小物がたくさん出ていて、すでに十分にエリザベスを持っているとしよう。
エリザベスは墓場までは、持って行けない。
コンプリしているメインターゲットならば別だが、そうではない場合、なんでも手を出すのはためらわれる。

それでも歴代グッズ「最大」となると話しは違う。そう邪険にはできない。
「最大」はそのアイテムを打ち止めにするきっかけと考えることもできる。
これまでにも、たくさん買ってきたけれど、この「最大」以上のモノはもう出ないだろう。
これをもって打ち止めだ。
よし、即ゲット
このように「最大」は、購入を決断する論理が明快なのである。

G.E.M.銀魂 エリザベスは、2011年7月4日からおよそ1ヶ月にわたり、予約を受け付けた。
予約が3000個を超えれば製作。届かなければ、試作品のみでご破算。
その一ヶ月前には桂小太郎フィギュア(高さ22cm)が発売されており、セットでエリザベスも欲しいというファンと業者がとびついて、めでたく製作にこぎ着けている。

彩色済みソフビ 完成品で 3,780円。
手頃な値段だ。
以前バンダイでは、この価格で売っていた「フィギュアライズ」なるシリーズが、箱を開けてみたら未組み立てプラモデルが入っていて、びっくりしたことがある。

一ヶ月前に発売された桂小太郎のフィギュア(高さ22cm)がすっぽり入る。
と言っても桂小太郎は買っていないので、他の誰かに入ってもらおう。

エリザベスはオバケのQ太郎世代には、親しみがあるフォルム。
プラカードで話すところは「バケラッタ」のワンワードでコミュニケーションをしていたO次郎を思い出す。
男なのにエリザベスという違和感のある名前
人を食った表情
彼には夢がある

|

« コレクターにとって、30cm定規が必需品である理由 | トップページ | 内ポケットにトランジスタラジオ »

コレクター」カテゴリの記事