« 新コースで行われる 加賀温泉郷マラソン2013 | トップページ | とくしまマラソン前日観光の見どころ »

2013年4月18日 (木)

とくしまマラソン 関東から3つのルート

2013年4月21日
第6回とくしまマラソンが開催される。
歴史は浅いものの、すでに人気大会の一角を占めている。
今回は例年より1ヶ月早く12月からエントリーを受付。
6時間で定員に達して締めきった。

●吉野川両岸を往復する1ウェイコース。
●制限時間:7時間
●定員:RUNNET先着順9,000人+振替用紙抽選1,000人
●参加料:7,000円
●参加賞:Tシャツ

参加賞のTシャツは、別途1,500円でタイムの刺しゅうサービスを請け負っている。
参加賞としてありふれたTシャツも、こうして付加価値をつければ思い出深い1枚になる。

関東から参加する場合、ルートは主に3つ。

空路
羽田空港→徳島阿波踊り空港
飛行機の予約は2ヶ月前からだが、ホテルとのパックであれば6ヶ月以上前でも販売している。
往復航空券を買うよりも、ホテル付きのパックの方が安い。
指定便、指定ホテルのシングル利用で、およそ4万円。

空港からはJR徳島駅までリムジンバスで移動する。
ダイヤは定時発車ではなく、飛行機が到着して旅客が荷物を取り終えてから出発する。
バスの時刻はその月のフライトテーブルによって変動する。
バスの事前予約はできない。

新幹線+高速バス
のぞみで新神戸下車。
新神戸からJR徳島駅まで高速バスが出ている。
バス予約は1ヶ月前同日より。

この場合、ホテルを単独予約することになる。
JR徳島駅周辺のビジネスホテルは、シングルでおよそ6,000円。
新幹線+高速バスよりも、飛行機の旅行パックの方が安くつく。

高速バス
品川や浜松町からJR徳島駅まで直通高速バスが出ている。
所要時間10時間。
およそ1万円。
これにホテルを単独予約するパターンが、3ルートのうち最も安い。
しかし、復路ならばまだしも、往路を10時間バスに揺られるのは、レースを控えた身には辛い。

結論として、空路の旅行パックを選ぶのが最善策と言える。

ど素人!マラソン講座

| |

« 新コースで行われる 加賀温泉郷マラソン2013 | トップページ | とくしまマラソン前日観光の見どころ »

マラソン」カテゴリの記事