« 東京ゲートブリッジはなぜ巨費を投じて作られたのか? | トップページ | 慣れ親しんだ曲が、カラオケでは上手く歌えない理由 »

2013年5月 8日 (水)

「ALL FLOWERS IN TIME」のカラオケを歌いに行く

歌合戦の日がやってきた。
マラソンが終わったら、歌いにいこうと決めていたのだ。

前回は4ヶ月前。
年忘れ、男2人で行く歌合戦

マラソン直後のこの時期を選んだのは、ランニングで腹筋と背筋が鍛えられると「負けないで」の高い声が出るかを確認するためだ。

「お、半期に一度のやつですね」
対戦相手の彼が待ってましたと応じる。

前回はカラオケメーカーを下調べせず、失敗した。
今回は事前調査によりクラブDAMを指定。
彼も一緒に行った「ALL FLOWERS IN TIME」のライブ映像が使われているカラオケがあるという情報を得ていた。

「ALL FLOWERS IN TIME」は佐野元春デビュー30周年ライブのファイナル。
震災で3ヶ月延期になった、2011年6月の東京国際フォーラム公演だ。

まず、腹ごしらえ。
今回はハンバーガーに惹かれていたのだが
「いつもと同じパターンでいきましょう」
という彼の意見を聞き入れ、再び吉牛。
座った席まで前回と同じだ。

ネット・チェックによると、牛丼最近の潮流は「焼き」らしい。
牛にするか豚にするか10秒も迷った末、牛にしたが豚にすればよかった。


予約確認の際「祝前日ですから割増料金です」と言われていたので、予め印刷しておいた20%オフのクーポンを提示。
すると「ネット会員に入っていただくと25%オフになりますよ!」とお姉さん。
以前はiPhone非対応だったが、今は専用アプリ「Zeetle」が出ている。

"Zee"を聞かせてください♪
画面には謎のメッセージ。

てっきり、入室後、アンプリファイアーで増幅された電子的なカンガルーではなく、ヒスノイズにiPhoneをかざすのだなと思ったら、お姉さんがカウンターの下から機械を取り出して"じー"と言わせると、ポイントが加算された。

さぁ、いよいよ決戦の火ぶたが切られる。
と言っても、今回は予めテーマが決まっている。
「ALL FLOWERS IN TIME」映像5曲連続投入だ!
★は彼が歌う。

[ガラスのジェネレーション]★
おぉ確かに、あの日の映像だ。

Kiss_2

ん?
映像と音が合っているぞ。

[約束の橋]
そうだ。
ライブ映像カラオケかと思っていたが、どうやらこれはライブ映像+音源カラオケだ。
長田やコロちゃんのギター、マイティたかしのドラム。
そして、元春だけがクチぱく。
代わりに自分が歌っている。
現実が飲み込めない。


[アンジェリーナ]★
1曲歌い終えてようやく整理できてきた。
これはスゴイことだね!
テンション、上がりますね!
二人して顔を見合わせる。


[ロックンロールナイト]
打ち込みのカラオケで歌ったことはあるが、まさかホーボーキングの伴奏で歌うとは。
ただでさえ質が高いバンドが手がけた中でも、より抜きの完璧な1曲。
しくじることはできない。
失敗を責める人は誰も居ないが、自分だけは許さない。
ほんの些細な抑揚の違いすら、見逃さない。

カラオケがこの世に登場して以来、これまでに歌った曲は数百いや千曲を超えているだろう。
その経験の中で、これほどの緊張はなかった。

ライブで聴いている時はちょっと長いなと感じていたが、自分で歌うとあっという間に終わってしまった。

つづく

| |

« 東京ゲートブリッジはなぜ巨費を投じて作られたのか? | トップページ | 慣れ親しんだ曲が、カラオケでは上手く歌えない理由 »

音楽」カテゴリの記事