« outlook express (応答なし) | トップページ | outlook express 受信トレイ 復旧の機会に整理する! »

2013年5月22日 (水)

受信トレイ 消えたメールの復旧は素人にもできる

outlook express 受信トレイから消えたメールを復旧する 中編

「受信トレイが消えました」
という人がいるが、受信トレイは消えない。
それは、冷静さを失ったために正確さを欠いた言葉遣いだ。

「受信トレイからメールが消えました」
と皆は言うが、実際にメールは消えていない。
ただ、見えなくなっているのだ。


見えなくなったメールを見えるようにする。
それを、世の中では「メールの復旧」と呼んでいる。
IT技術者やプロの人は、たいそうに恩着せがましく「復旧するしかないですね。時間がかかりますよ」などという。

確かにそれは日本語でいえば復旧。
時間もそこそこにかかる。
だからといって、特殊技術やプロ専用の高価なソフトを使うわけでもない。
ど素人ユーザーでも、誰にでもできることだ。

はじめに、Googleで検索
本来ならば、キーワードは「outlook express メール 消えた」と言いたいところだが、ここは手っ取り早く
「MP3CONVERSIONTOOL」で検索。
   ↓   ↓
パソコンに保存。
   ↓   ↓
MP3CONVERSIONTOOLを起動。
   ↓   ↓
outlook express 消えたメールの復元
と言う頼もしいタイトルのダイアログが開く。

1.DBXファイルを指定してください。は
メインユーザーの受信トレイ にチェック

2.EMLファイルの出力先・・ は
あとでわかりやすいよう、デスクトップを指定

[ 開始 ] クリック

下に 抽出中 というステータスグラフが表示されるので、しばらく待つ。

抽出が終わると
****通のメールが見つかりました。出力先フォルダを Explorer で開きますか?
と聞いてくる。
ここは[はい] と言いたいところだが、[いいえ]でもどちらでもよい。

抽出が終わった時点で、復旧は終わったも同然だからだ。

[はい]をクリックするとエクスプローラが開き、復元したメールが表示される。
[いいえ]をクリックして、後で再度、[スタート]>右クリック>エクスプローラを立ち上げてもかまわない

Outlook Express 消えたメールの復元
のダイアログがまだ開いているが、もう使わないので[×]で閉じる。

ここからは、しらべる独自の方法だ。

後編へつづく

|

« outlook express (応答なし) | トップページ | outlook express 受信トレイ 復旧の機会に整理する! »

パソコン」カテゴリの記事