« シャキシャキレタスサンド 3社様へ 提案があります! | トップページ | この夏、ここにいる君に会いに行く。 »

2013年8月20日 (火)

カラダの省略

日常生活では、あれもしよう これもしようと考えている。
夏の旅についてのプランだ。

 

アイデアが浮かぶと、 直前に思い出せるよう、ABC sheetの夏休みすこし前の日付に書き込んでおく。

 

だが、その頃になると書いたことすら忘れていて、直前になって、そのようなアイデアがあったことを思い出す
しかし、なにも準備していないので、二の足を踏む。

去年の旅は何をしていたのだろう。
そうやって、去年の記録を探そうとする。

 

旅に持参したノートを開けば、どこかにあったはず。

 

ふとそれは、去年と今年を比較して、自らを納得させようとしていることに気づく。

 

去年はもっとしょぼい夏休みだったぞ。
今年はこの程度でいいじゃない。

 

そう、自らに言い聞かせようとしているのだ。

 


エアコンが完備されて、こうしてパソコンを打てるデスクがある。
テレビでは高校野球がなっている。

アタマで考えていると、幸せな時間は訪れない。
これはここ1年で学んだ経験則。

 

現代人は通信と交通のネットワークが進歩したことで、自らのカラダを動かさなくても感動を得ることができる。
ヒトはラクで便利なほうに流れやすい。
カラダを省略してしまう。

とりあえず、カラダを動かしてみよう。
熱中症対策にOS-1を持って。
念のために喫茶店で使えるよう、ノートを持参する。

 

それは、たいていの場合、使わずじまいになる。

 

カラダを動かして、出た「外」には刺激が待っている。

 

次々にアイデアが浮かぶ。
好奇心を思い出す。

外に出なくても、何かは始まるが
外に出ると、確実に何かが始まる

| |

« シャキシャキレタスサンド 3社様へ 提案があります! | トップページ | この夏、ここにいる君に会いに行く。 »

ノート」カテゴリの記事