« ライブダムでくまモンを練習する | トップページ | 忘れていた口笛のふきかたを脳が思い出す »

2013年8月 8日 (木)

人は誰も感情が乗り移る曲を持っている

くまもとサプライズを踊り終えて、とりあえず今日の目的を終えた安堵感。
これから始まる躍り込みの途に就いたところだという焦燥感。
そんな感情が入り交じっていることは、もちろん2人は知らない。

防人の詩

彼の同歌手別曲の一環。
さだまさしにもついていく。

青葉城恋歌

「新しい曲は知りませんよ。70年代。フォークが多いです」
長年、お付き合いしているが歌が好きだとは知らなかった。
「新しい曲知りません」発言は、カラオケ界のお約束。
そう言いながらも"若い歌"をうたう人は多い。

しかし、そのことばを地でいくスズキさん。
これらの曲は外回り営業だった頃、カラオケを懐古主義礼賛の場と勘違いしている人々によく聴かされたものだ。

終章 エピローグ

つい先日、CD化されていることを知って聴いた「風舞」
チャゲアスのデビューアルバム。
その中でも、この曲は早い時期からカラオケ入りしていた。

夕陽は赤く

神田川

タイユアマザーダウン

ほとんどラップだ
カラオケで歌うには向かなかった。
クィーンをリアルタイムで聴き始めた曲。
「オペラ座の夜」と並ぶ名盤「華麗なるレース」からは、ロジャーの「さまよい」でさえカラオケ化されていて驚く。

夕陽が泣いている

見本が目の前にある。
あるいは耳で聞こえる。
それをなぞるのは易しい。
だが、いったん真似る対象がなくなった時、人はパニックに陥る。
だから長年聴いて歌っていた曲を、カラオケで初めて歌う時にメロディを声で表せない。

夢一夜

かぐや姫が1番好きというスズキさんの歌うこうせつ。
ソロになってからのヒットシングルだ。

ハートのイアリング

聖子ちゃんファンになったからには、この曲は課題曲。
家やクルマで歌うのと、カラオケで歌うのは違う。
カラオケでは1小節だけキーを落とすと言った誤魔化しはきかない。
もう少しで高いパートに手が届きそうだ。

石狩挽歌

岬めぐり

つめたい部屋の世界地図

陽水Ⅱセンチメンタルの名曲。
「2枚め最強論」を唱えるしらべるとしては、ベストな陽水はこの1枚。
かつて上五島から佐世保へ向かう鯨波丸の甲板で、カモメを見ながら歌っていたら、おじさんに哀れまれた。

ひこうき雲

約束の橋

2012 All flowers in timeのライブ音源・映像
コロちゃんのギター、たかしのドラム。
口ぱくの元春に代わって僕が歌う。
2度めとなると、脳が慣れてきた。
自分が映像の中に乗り移ったかのようだ。
ばっちり音にのれている。
ライブダム、さいこー!
と世界中に叫びたい。

風立ちぬ

Kindle無料本でちょうど読み終えたところだ。
でも原作とアニメ映画と聖子ちゃん。
どれも別もの。
原作は短く悲しい。

シクラメンのかほり

「小椋佳がそこで歌っているみたいです」
彼がスズキさんに声をかける。
スズキさんの感情が歌に同期しているのがわかる。
人は誰もそんな1曲を持っているのだろう。

満月に吠えろ

いわゆる"若い歌"だ。
マラソンレースでは欠かせない曲。
"まる顔の月"という歌詞が好きだ。
さびの声はまるきり出ない。
このさびに届く日は来るだろうか。

| |

« ライブダムでくまモンを練習する | トップページ | 忘れていた口笛のふきかたを脳が思い出す »

音楽」カテゴリの記事