« フィルム・ノー・ダメージ これは微動だにせず 向き合う映画 | トップページ | くまモンスクエア限定!オリジナルグッズ販売をチェッくまー! »

2013年9月21日 (土)

元春ホームパーティ21周年

元春ホームパーティ
略称:元春HP
はもうすぐ21周年。
今日は都内に仲間が集まって「20周年記念オフ」を開く。

元春HPは、かつて佐野元春公式サイト「Moto's Web Server」をたちあげた佐野元春ファンのコミュニティ。
今でこそ、いくつかのファンサイトやコミュニティがあるが、元春とつながっている点が他と異なっている。

1992年9月23日
NIFTY-ServeのFROCKで活動していた「店長」が、数名のメンバーと元春ホームパーティを立ち上げる。

1994年
元春が讀賣新聞で「教会のそばの公園で待つ MOTO」
と告知したゲリラライブの日は、ネットで情報交換した仲間が現地へ駆けつけた。

現代は、彼が何処で誰と何をしたということまで、御丁寧につぶやく人がいる環境。
見ず知らずの人が書いた情報を何の反応もせず、また誰かに伝えていく。

20年前、CUGでこんなことをしていたのは僕らだけ。
互いがどきどきわくわくを共有し、共感した。

1995年 3月13日
元春HP内有志のグループMIPSが、佐野元春、ソニーと共同で公式ウェブサイト「Moto's Web Server」を立ち上げた。

1997年
@niftyのホームパーティサービス終了に伴い「パティオ」サービスに引越。名称はそのまま元春ホームパーティとした。
原宿「ルイード」で5周年記念オフ開催。

2002年9月21日、都内で10周年記念オフ開催。

2004年9月
@niftyのパソコン通信サービス終了をにらみ、ミクシィのコミュニティとして「元春ホームパーティ」を開設。

2013年9月21日
20周年記念オフ開催

僕らは20年前、佐野元春というキーワードで集まった。
そこにあるのは共感。
佐野さんはかつて言った。
「共感が大切なんだ。でも1番難しいんだけどね」
どんなキーワードの下に集まったとしても、人が2人3人と集まれば、これは、永遠のテーマだ。

かつて、佐野さんに贈ったビデオメッセージをこう締めくくった。
「50になっても、60になっても佐野さんが歌い続けてくれる限り、僕らはずっと友だちでいられるでしょう」
それから19年。
今は少し違う。
「60になっても、70になっても^^;)佐野さんが歌い続けてくれる限り、僕らはずっと共感の大切さを追い求めるでしょう」

佐野元春の歴史

| |

« フィルム・ノー・ダメージ これは微動だにせず 向き合う映画 | トップページ | くまモンスクエア限定!オリジナルグッズ販売をチェッくまー! »

音楽」カテゴリの記事