« 有田焼 くまモン ハウステンボス エッシャー というつながり | トップページ | ミモリアルソングス 遊佐未森 どや顔で「晴れ女?」 »

2013年10月27日 (日)

本日、遊佐未森25周年記念ライブ

快晴の東京

本日、遊佐未森25周年記念ライブ
「ミモリアル ソングス」渋谷公会堂

前に遊佐未森に行ったのは17年前。
6ヶ月前に買ったチケットを時々、チケットホルダーに確認しては、その日、穏やかに過ぎていく時間を想像していた。
チケットには「スペシャルカード付き」と書かれている。


できれば日本一素敵なクリスマスソング
「サイレントベルズ」
を歌って欲しい。
だがそれは、この歌の相棒である古賀森男がいなければ難しいようだ。
なんだったら、僕が代わりに歌ってもいいくらいだ。

2013年9月には、25年のベストアルバム「VIOLETTA THE BEST OF 25 YEARS」が出た。
このアルバムは驚異的だ。

DISC-1
オールタイムベスト
つまりオリジナル演奏
リマスターされているので、ウォークマンで他のアーティストとプレイリストを組んだ時に、音が負けなくなった。
来年の長野マラソンでは、ここから3曲は入れようと思う。

2005年「NHK みんなのうた」で使われた「クロ」
初めてアルバム収録された。
これまで馴染みがなかっただけに、遊佐さんの日常が目に浮かぶ。

彼女は近年、ツィッターで日々をつぶやいている。
時々スタッフがつぶやくせいか「公式」のレ点はついていない。
高嶺の花の大スターが、町のお姉さんでやってきました・・
という落差にうまく距離感がとれない(笑)

1989年、カップヌードルCMで使われ、彼女を一躍有名にした「地図を下さい」が入っているのはもちろん。「サイレントベルズ」は3秒短縮してオリジナルで収録された。

DISC-2
セルフカバー
こちらはリテイク

日本一の夏の歌「夏草の線路」はリテイク。
より切なさとロマンの香りを高めた曲とした。

ハイライトはリテイクされた「暮れてゆく空は」
クラシカルで荘厳な演奏に包まれて、より主張が強い曲に変わった。

25周年記念ライブ「ミモリアル ソングス」
これより後も、いくつかの記念企画がリリースされることが
ツィッターでつぶやかれている。


ここ数日は「ミモリアル ソングス」に向けたカウントダウンがつぶやかれていた。

ツィッター、ホームページ
様々な形で遊佐さんに直接メッセージが届けられる時代。
彼女の今日が、手元のスマホに届く時代。

アイドルとファンの距離感は様変わりしたが、変わらないステージと客席の距離感を今日も、座って楽しんでこよう。
遙かむこうの距離感が、とても心優しい。

ミモリアルソングスもくじ

| |

« 有田焼 くまモン ハウステンボス エッシャー というつながり | トップページ | ミモリアルソングス 遊佐未森 どや顔で「晴れ女?」 »

音楽」カテゴリの記事