« ミモリアルソングスの5日後 | トップページ | 80年代女子はショッカーの戦闘員? »

2013年11月 5日 (火)

サイレントベルズの本人映像カラオケ

レットイットグロウ

地図をください

この代表曲を持ってしても、彼は?マークを頭に乗せている。
いつだって、どんな歌手にだって別曲でぶつけてくる彼にしては異例のことだ。
シュワルツネッガーが出たカップヌードルのCMで使われたんだ・・
と言いつつ、自分もその映像が浮かばない(笑)

スターマン

僕の森

BGVは長州小力か?と突っこみたくなる髪の長い男が河原で悩むストーリー。
ちがうだろ、全然ちがうだろう、おい!

歌手名を遊佐未森で検索すると11曲。
だが[本人映像]ボタンで絞り込むと、該当なし。
LIVE DAMの株、10円安。

サンキュー

レッド・ツェッペリン、セカンド・アルバムの曲という。
あまり聴いていないzepの中では最も好きなアルバムだが、この曲のイメージが想起されない。
今日の洋楽は、ここまで1つもわからない。
彼が洋楽で押し通す限り、こちらも意地になって遊佐未森を貫く。
だが、だんだんと選択が難しくなってきた。

空色の帽子

作詞:工藤 順子、作曲:太田裕美
初期の楽曲は、遊佐未森本人の手によるものが少ない。

遊佐未森の曲は歌いながら聴いていない。
カーステレオで大抵の曲は歌うのだが、遊佐未森は例外。
あまり聴きこんでいないこの曲。サビ以外は、ほとんど歌詞を朗読するしかなかった。

歌える曲の例外は、ただひとつデュエット曲「サイレントベルズ」
古賀森男のパートが歌えるのだが、LIVE DAMにはない。

LIVE DAMの皆さん
あるいはカラオケ業界各社の皆さん!
「サイレントベルズ」を入れてください。ただし
一つは遊佐未森の歌声入り(男ファン用)
一つは古賀森男の歌声入り(女ファン用)

ホテルカリフォルニア

初めてこの日、わかる洋楽。
日本に洋楽ブームが訪れた頃だ。
ミーハーはBCR。
若さを暴力的にぶつけるクィーン、キッス、エアロスミスがしのぎを削る時代。
自称"通"を気取るロックファンが支持していたのは、zepとイーグルスだった。

もの悲しいギターだけど、これ米国人が受け取ったイメージは、日本人とは随分違っただろうね。
なにせ、脳天気な歌詞だからねぇ・・
この日初めて、洋楽談義が成立した。

1999年、夏、沖縄

ついに、遊佐未森を断念。
僕が歌い終えると、へぇこんないい曲があるんですねと目を輝かせている。
彼はこういう反戦、反原発テイストを好む様子。

これって、知らないで聴いたら拓郎だよね?
続いてこの日初めて、邦楽談義でも合意が成立した。

つづく

| |

« ミモリアルソングスの5日後 | トップページ | 80年代女子はショッカーの戦闘員? »

音楽」カテゴリの記事