« 菅野智之 1度も連敗しないまま プロ入り1年めを終える | トップページ | 巨人プロテクト予想 大竹移籍の場合広島が要求する人的補償の予想選手 »

2013年11月19日 (火)

中途採用の人が今イチなわけ

あなたの会社にも、いるだろう。

上ばかり見ている
スキルが低い
礼儀知らず
お調子者
明るさだけが取り柄
なぜか、呑み会の幹事
人となりが下品
キーマンにこだわる
立場の弱い者には、肩で風を切る

その大抵は中途採用だ。

なんで、こんな人を採用したのか。
そんな人に支払う給料分、お金をドブに捨てるだけならまだしも、周囲のモラルも下がるので、さらに被害額は大きくなる。
人事部はいったい何を考えているのか。

人事のプロじゃなくても、誰がどう見たって
こんな人、採ろうと思うほうが難しいでしょ・・・


そういう人は、どこの会社にも少なからずいるものだ。

もしかして、これって計算?

そう、実は人事部はしっかり計算しているのだ。

見るからに仕事ができそうな人。
話しの内容がしっかりしている人。
知識と技能試験で高得点をあげた人。

世に優秀を測る指標は、星の数・・
いや、都道府県の数くらいはある。

それを、人を見る目に長けたプロの人事部が判定する。
優秀か、そうではないかを見分けるのは、さほど難しくない。

ところが、ダメな中途採用は後を絶たない。
なぜか?
それは、あらかじめ、ダメとわかっている人を採る理由があるのだ。


図式はこうだ。
優秀な社員を10人採用して、1つの部に配属する。
ポストは限られている。
すると、次第に優秀だった人の中に
"あきらめ君"が現れる。

なぜならば、ポストを与える基準は利益をいくら挙げたかではない。
どれだけ企業寄りの立場をとり、それを上司に周知したかに拠るところが大きいからだ。


そうしてポストに就いた者を横目に
"実力者"を自認するあきらめ君は、
「ウチは要領がいいやつが出世するヘボな会社だ」と結論づける。
そして、プライベート最優先の社員になっていく。


だが、企業はそんなあきらめ君に為す術がない。
ポストで報いることができないからだ。
もちろん、上司より高い給料を払うわけにもいかない。
配置転換させても同じこと。
行った先にポストがなければ、あきらめ君のあきらめは直らない。


一方、要領よく?ポストに就いた者にとって、そんなあきらめ君は使いづらい。
上司に向ける顔に"力もないくせに"と書いてあるからだ。
そして、実際に力がないので、自分より優秀な"あきらめ君"が尻尾を振らないと「虐めたい」という気持ちが生じてしまう。

そんな時、ダメ中途社員が役に立つのだ。
ダメ中途社員は、格下の企業からやってくる。
給与待遇は格段に向上。
名前の知れた会社ということで鼻も高い。
なんとか、この暖かい椅子を守らなければならない。

だから、一生懸命、上司に尻尾を振る。
振り切れんばかりに、尻尾を振る。

同じダメならば、元・優秀なダメ社員よりも、元々・ダメな方が組織の上層部からは格段に使いやすい。
もちろん、そんな人をたくさん採ると目立ってしまうので、10%は超えないようにしている。

| |

« 菅野智之 1度も連敗しないまま プロ入り1年めを終える | トップページ | 巨人プロテクト予想 大竹移籍の場合広島が要求する人的補償の予想選手 »

ビジネス」カテゴリの記事