« 共有フォルダーで情報が迷子にならない「共有ファイルもくじ」 | トップページ | 生涯の1曲 »

2013年12月13日 (金)

生涯の100曲プレイリスト

生涯の100曲
プレイリストをつくった。

そろそろまとめておこうと思っていた。
好きな歌だけを聴いていたい。

2002年にWindowsXPパソコンを手に入れて、
パソコンに入っていたSonicStageを始めた。

かつてスピーカーは、直径25cmのウーファーと5cmのツイーターのダイヤトーン。
アンプはTRIO
カセットデッキはTEAC
ターンテーブルTechnics
将来はオーディオ専用部屋がある一戸建てが夢だったオーディオマニア。

そんな夢はとうに忘れていた頃、
両手のひらに収まるパソコンから数千曲が流れてくる現実にぶっ飛んだ。
音の善し悪し?
そんなの全然関係ない。

2004年に電子的な音楽プレーヤーを手に入れて、パソコンの音楽を持ち運び始めた。
握った手のひらに隠れてしまう小箱に数百曲。
オーディオテクニカの少々、値の張るイヤホンで聴くと、数十年聴き馴染んだはずの曲から知らない楽器が聞こえた。

2007年にハードディスクカーナビを手に入れて、クルマでも音楽をため込み始めた。
ここで2重管理となる。
3000曲は入るから、あの曲も入れよう。
クルマには助手席があり、そこに座る誰かを想定してこの曲も入れておこう。

この10年あまり、いつも音楽は拡大路線。
消すことはない。
それは、入れものが無限と思えるからだ。

かつて、磁気媒体の制約があった音楽世代を過ごして来た。
ストップウォッチで計って、90分のクロームテープぎりぎりまでつめこんだ曲。
それでも限りがあって、カセットはラックに溢れて、置き場所に困った。

その制約から解き放たれた僕らは、電子的な音楽を溜めに溜めた。
あぁ、この曲も捨てがたいな。
このアーティストはコンプリしてるから、消せないな。
この曲は今イチだけれど、有名曲だから、いつか要るかも知れない。
(なにに要るのだ?)

思い出の品がなかなか捨てられないように、一応とっておこうと溜め込んだ。
ハードディスク内は4,000曲の混沌の海。

こうなると「音楽捨てられない症候群」
ランダム再生で流れてくる曲は、どれも乗れないものばかり。
心が動かない。

限られた自由な時間
できれば、好きな歌だけを聴いていたい。
心を偽って聴く曲につきあう時間に切なさが募り、やがて限界点に達した。
Now the time for action!

そろそろまとめておこう。
2013年、カレンダーが師走に変わって、行動に移した。

つづく

| |

« 共有フォルダーで情報が迷子にならない「共有ファイルもくじ」 | トップページ | 生涯の1曲 »

音楽」カテゴリの記事