« 消費税の歴史 | トップページ | 消費税5%→8% 税率アップ前後の48時間アーカイブ »

2014年4月 1日 (火)

4月1日 歩行者右側通行法

2014年4月1日
道路交通法が改正されて、人は道路の右側を通行することになった。

待望の法改正だ。
この日が来るのを、首を長くして待っていた。

「人は右、車は左」

子どもの頃、そう教えられて以来、大人になった今までずっとそう信じてきた。

だが、現実は違っていた。

人は皆、左も通る。
左も通るということは、こちらが右側通行していると、真正面から相手がやってくるということだ。

こういう時、こちらとしては右側通行を遵守しているのだから、堂々と歩いて行けばよいのだが、そこは良識ある社会人として右端に寄り左側を広く空ける。

すると、どうだ。
向かいから来る相手も左側、つまりこちらからいうと右側の端に寄るのだ。

そのまま、こちらが進もうとすると、端っこで立ち止まったりする。

「私は純粋に道路の端に避けているだけです」

と言いたいのだろうが、被害者意識で顔が曇っている。

「自分は無垢な通行人なのに、なんて人?嫌なやつ」

そう顔に書いてある。

「あのぉ、人は右側通行なんですけど・・」

そう言えればいいのだが、大人になってから、それが法律ではないことを知った。
法律で決まっていないことは、いくら言っても説得力がない。

「会社では9時から5時の間は、だべって、油売って、昼寝して、5時から仕事を思い出して働けば、残業代が丸儲けよ!」

という人がいたとしても、それが法律で禁止されていない限り、あれこれと詭弁を弄して言い逃れられるだけで、指導をしても実効性がないのと同じだ。

ようやく、この法改正により「右側通行」に正当性の柱が立った。
すると、どうだ。
あれほど、左側を交通弱者の顔をして歩いていた人達が、ぴたりと影を潜めた。

なにせ、警察官と、県警から委嘱された民間交通指導員に現認された場合、反則金5,000円。
歩行者点数-1
累積6点になると、30日の歩行停止となり事実上の外出禁止処分になる。

自動車免許の場合、講習を受けることで29日短縮になるが、なにせ歩行者の場合、歩行が禁止される。
講習があったとしても、警察まで行けないのである。

やはり、ルールは大切。
法律は偉大だ。

2014年4月1日

| |

« 消費税の歴史 | トップページ | 消費税5%→8% 税率アップ前後の48時間アーカイブ »

ノート」カテゴリの記事