« ウォークマンスピーカー ワンタッチで音楽を聴きたい! | トップページ | 出世に失敗する七つの方法 二話 »

2014年4月27日 (日)

出世に失敗する七つの方法

4月に社会人となった皆さん、おつかれさまです。
1ヶ月が過ぎましたが、会社に行くのは楽しいでしょうか。

学校というところは大嫌いな勉強ばかりだったけれど、
会社という所は勉強をしなくて済む。
(ここでいう勉強は、教室で学ぶ専門や教養のことです)
しかも、お金までもらえる。
しめしめ、これは楽しくなりそうだぞ。

このように考えていれば、ばっちり。


脅すわけではないですが、今、楽しくない人はきついです。
根性で頑張っていれば、いずれ楽しくなるというものではないからです。
そう思えない人は、危機感をもって建て直しの努力が必要です。

親や学校の先輩に
「社会に出た時、どんなだった?」
と質問をしましょう。
そこでヒントがなければ、本屋か図書館に行って、とにかく1冊でも多くの本を読みましょう。

さて、社会人生活を順調に滑り出した皆さん。
いや、ちょっと出だしでつまずいているなという皆さん。
いずれの方も、出世を目指すことで、働くことは楽しくなります。

はじめから出世なんてしたくないよと思っている人も、とりあえず出世は目指しましょう。
ただ、その目的は肩で風切って威張ることでも、他人より多く経費を使い、美味しいものを食べることでも、友だちや親せきにええかっこすることでもありません。
ましてや、部下を虐めるためでもない。
そういう人間になったら、人間の屑です。

出世の目的は
そういう屑に踏みつぶされないこと。
そういう屑に踏みつぶされている人を救ってあげることです。

それでは、出世する方法を教えましょう。
と言いたいところですが、ものごとはそれではうまくいかないのです。
いかに、出世しないで済むかという方法を知って、その方法をすべて回避する。
そうすると、出世に失敗する確率が下がる。
つまり、出世の確率が上がっていくわけです。

名づけて「出世に失敗する7つの方法」
この情報を30歳を過ぎてから知っても遅いです。
既に、そこに挙げるいくつかの失敗を踏んでしまっているからです。
はじめの方向性が間違っている人は、修正が効かないのです。

これからお話することは、どのような人として「会社」で生きていくか。
「会社人」の土台であり、柱となる方法論なのです。

つづく

| |

« ウォークマンスピーカー ワンタッチで音楽を聴きたい! | トップページ | 出世に失敗する七つの方法 二話 »

ビジネス」カテゴリの記事