« 川古の大楠売店でいただいたお茶に悩む | トップページ | タイムズのカーシェアリング「カープラス」 実際いくらかかるのか? »

2014年9月 8日 (月)

カーシェアリングが東京にもやってきた!

晴れた日曜の午後、遠出してお気に入りの商店街に来た。

駅前に連なるこの商店街には、契約駐車場はない。
「2,000円以上のお買い上げで1時間無料」
といったサービスは、土地の高い東京では成り立ちづらいのだ。

頼りはタイムズなどのコインパーキング。
それも週末には混んでいて、満車ということが多い。

遠くから「空」の文字を認識した。
お、ラッキー!空いているぞ。
この時間帯には珍しく、2つ空いていた。
右側に車が停まらない角の区画を選び、バックで進入する。

枠の右前あたりにパイロンが立っている。邪魔くさいな。
誰が、こんなもの置いたんだ。

ドアロックして車を離れようとすると、いつもと景色が違うことに気づいた。
あれ?停車板がないぞ?
車の前はすぐ道路だから、前にストッパーが跳ね上がるタイプでもないし。

よくみると、その区画だけは他とは線の色がちがう。
パイロンを見るとカープラスとあった。

そうか、これがカーシェアリングか。
ついに、東京にもできたんだな。

遡ること9年前の2005年、カーシェアリングが始まるというニュースをしらべて、しらべるの記事にまとめたことがあった。

タイムズのカーシェアリング「カープラス」
時系列の記録

2005年
マツダレンタカーが広島県でカーシェアリングサービス「カーシェア24」のサービス開始。

2009年3月
「タイムズ」がマツダレンタカーの株式を取得(買収)

2009年5月
マツダレンタカーとパーク24で「カーシェア24」全国展開 開始。
法人会員は月額基本料金無料。
家庭向け個人会員については記述がなかった。

2010年6月1日
サービス名称を「カーシェア24」から「Times PLUS」に変更。

2010年7月
東海道新幹線 東京、品川、新横浜、名古屋駅、京都、新大阪、山陽新幹線 広島駅でサービス開始。

2013年
ブランド名を「タイムズプラス」から「タイムズカープラス」に変更。

現在は「タイムズカープラス」がサービスブランド名称として使われている。
カーシェアリングは他社も参入しているが、タイムズが業界1位。
一般的には「タイムズのカープラス」と呼ばれている。

人々が老齢化した都心の古い住宅街。
相続するのが難しいのか、古い家が取り壊され「コインパ」になることが多い。
その追い風に乗って、いよいよ東京にもカーシェアリングが上陸してきたのだ。

帰宅してすぐにGoogleでしらべる。
だが、自宅のそばにはタイムズのコインパーキングそのものがない。
「ちょっと車を使いたい」
という時に便利なのが、カーシェアリング。
車まで徒歩20分では、話にならない。

しばし、時が流れるのを待つことにした。

つづく

| |

« 川古の大楠売店でいただいたお茶に悩む | トップページ | タイムズのカーシェアリング「カープラス」 実際いくらかかるのか? »

自動車/交通」カテゴリの記事