« MRIを初めて受ける人が、前もって技師に頼んでおくこと(恐怖でパニックにならないために) | トップページ | 隣家の猫の鳴き声がうるさい。隣に対策していることがばれない方法 »

2015年5月 9日 (土)

MRI 恐怖の値段

あぁ怖かった

MRIは怖かったが、終わって技師から話しが聞けたので、1つ賢くなった。
きっとこの話しを書くことで、数人の方がMRIで恐怖のどん底を味わわずに済むだろう。
安堵感が漂う
と思ったのもつかの間、もう一つの恐怖「会計」のカウンターに来た。
クレジットカードを取り出して、金額が表示されるディスプレイを凝視する。
出た!
一番左の数字は「5」だ

ご、五万円??
いや桁が少ない。
もう1度よく見ると4桁だ。

「ごせんよんひゃくえんです」

え゛ そんなんでいいのん
じゃこれでっ!
気が変わらんうちに、ひゅっと風を切ってクレジットカードを突き出す。

3万円を覚悟していたというのに、過去2回の半額である5千円
しかも今回、MRAもついているし

どうなってるの?この島はどーなっつ
と声に出さず歌ったら、ドーナッツが食べたくなった。
(帰りにコンビニで買って帰った)


過去2回とは病院が違うので一概に比較できない。
恐らく病院によって、検査費がまちまちなのだろう。

それならばパンフレットにあった「オプション32,400円」はなんだったのか?
恐らくそれは「保険対象外」の健康診断としての料金。
今回は内科を経ての「保険対象」検査である。
しかし、3割負担としてもまだ安い。


もしも「脳ドック」経由でMRI・MRAを頼んでいたら5万円程度の出費になっていた。
頭痛が起きたことは不幸だが、金銭面では幸いだったことになる。



検査結果が出るのは、3週間後
先生の予約が立て込んでいるのだ。

それまでは、引きつづき、頭痛書籍の学習をつづける。
すると通称「アイスピック頭痛」という症例をみつけた。

"アイスピック"というコトバが、マイ頭痛のイメージ通りだ。
名称は「突発性穿刺様頭痛」
とっぱつせい・せんしようずつうと読む

女性に多く、一か月程度で治るらしい。
処方するのは消炎剤
(やはり筋肉痛から来ているのか)
これもマイ頭痛の候補として頭に入れて置こう。


パソコンで仕事をする人が増えた現代では、パソコンのディスプレイから出る「ブルーライト」が問題になっている。
それが頭痛の一因にもなるという。
最近は視力がいい人でもブルーライトをカットするためにメガネをかけているらしい。
確かに同僚にもそういう人がいた。

だが、そこには手を出さない。
あれもこれもと頭痛の種を探していては、きりがない。
今回はMRI・MRAという頭痛探しの最高峰に取り組んだ。
まずその結果を待ち、分析結果を聞いてからだ。

それから必要に応じて、一歩ずつあれやこれやに手を出せばよい。
大切なのは、はじめに本質に迫ることなのだ。

| |

« MRIを初めて受ける人が、前もって技師に頼んでおくこと(恐怖でパニックにならないために) | トップページ | 隣家の猫の鳴き声がうるさい。隣に対策していることがばれない方法 »

心と体」カテゴリの記事