« 脳腫瘍の手術をすることになった | トップページ | 旅マラソンのおみやげは4種類 »

2015年7月23日 (木)

検査を受けずに放置すると失明の恐れがある下垂体腺腫

病名は下垂体腺腫と書く。
医師が「かすいたいせんしゅだと思いますが・・」と曖昧な所見を述べた時は、なぜ明確に言わないのだろうかと頼りない気持ちになったものだが、その理由は手術後にわかることになる。
下垂体腺腫といえば、良性腫瘍
だがそれは、摘出した部位を冷凍保存したうえで、検査にかけてみて正式に判定されることなのだ。
MRIの画面を見ただけの医師が断定できるものではないのである。


下垂体腺腫
下垂体に腫瘍ができて、下垂体が大きくなる病気。
脳腫瘍発症に占める下垂体腺腫の比率はおよそ2割。

通常、下垂体は小指の頭くらいの大きさだが、それが数倍に大きくなる。
分類としては脳腫瘍の1種だが、悪性のものではなく、的確に処置すればその後の暮らしに影響はない。

明確な自覚症状はないと言っていい
医師が挙げるのは「視野の外側(耳寄り)が見づらい」こと
下垂体のすぐ上に視神経が交差して通っており、下垂体が大きくなると視神経を圧迫する。
すると視野の外側が見えづらくなるのだ。

今回、下垂体腺腫を見つけたきっかけは頭痛だった。
だが、MRI検査を受けた病院の脳神経外科医は「今回の頭痛と下垂体腺腫は関係ない」と断言していた。
従って、自覚症状がない場合も多く、MRIを撮らない限り見つからない。

下垂体腺腫の発症率は、日本では1年間で10万人に2~3人。
子供よりも大人に多く発症する傾向がある。
母数を1億2千万人とした場合、1年間に2,400人~3,600人
20~41人に1人が発症する計算になる。

これ以外に下垂体腺腫の発症を知らずに放置している人がいる。
放置した場合、視野の外側が欠けていき、最悪の場合、失明の危険がある。


視野が欠ける病気として代表的なものに緑内障がある。
こちらは40歳以上の20人に1人が発症している。
緑内障の場合は、視野がブロック状に欠ける。
(視野が欠けた部分が点在する)
下垂体腺腫の影響による場合、外側の視野が全般的に狭くなる。
下垂体腺腫の検査では必ず手術前後に視野検査をおこなうが、そこで、緑内障の疑いが見つかることもある。

下垂体腺腫の影響による場合、下垂体腺腫を根治すれば視野が回復する可能性が高い。
その一方、緑内障では1度失った視野は戻らない。
IPS細胞による再生医療の実用化が待たれるが、西洋医学では「視野欠損は回復しない」とされているのである。
緑内障という所見を得て、投薬治療を始めた日から「その時点の視野を維持できる」というだけだ。

視野を10%失った時点で治療を開始すれば90%
視野を20%失った時点で治療を開始すれば80%
それぞれの視野をもって暮らすことになる。

視野を失うことは、生活の質に大きな影を落とす。
病名はいずれにせよ、すべての人にとって視野検査は必要だろう。


自治体によっては「45歳・50歳・55歳」といった区切りで、無料の緑内障検診を行っている。
第一段階は視野検査を受ける。
そこで「緑内障の疑いあり」という所見が出た場合、緑内障検査をおこなう。
視野検査、緑内障検査共に、大きな病院に行かなくても町の眼科でできる。


| |

« 脳腫瘍の手術をすることになった | トップページ | 旅マラソンのおみやげは4種類 »

心と体」カテゴリの記事