« 早起きしてホルモン負荷試験 | トップページ | 今すぐ止めなければやばいビジネスメール5か条の禁則 »

2015年12月26日 (土)

なぜ君はトイレで僕を見るのか?

君とはよく目が合うよね。
僕はすぐ逃げるように目を逸らすから一瞬だけど。

君がエレベーターを待っている時、僕が通りかかると、君は驚いたように振り向いて僕を見る。
そしてにらみつける。
「生まれながらこういう目なんだ」
というのかも知れないけど、僕はどきりとする。


君がコピーをとっている時、僕が後ろに並ぶと、君は「なんだよ」と言わんばかりにこっちを見る。
別に君が著作権に違反して、不正コピーしているのを咎めに来た訳じゃないよ。
もちろん、そういうことはしていないだろうし。

僕はコピーの順番を待ちたいだけなんだ。
これが終わらないと、次の仕事に移れないから。
だから、なんで後ろに立つんだ?という目をしないで欲しい。


君がトイレで小用を足している時、僕がトイレに入ってくると、身体は正面を向いたまま、君は首を100度くらい回して、こっちをみるよね。
身体を向けたら、大変だけど。

恐らく、それは僕じゃなくても、相手が社長でも部長でも同じ行動をとるのだろうね。

トイレという場所は、社交場じゃない。
不浄の場所だから、皆淡々と用を足して、帰っていく所なんだ。

やぁ、君も来ていたのか?
どうだ、調子は?

なんて、誰も声をかけはしないよ。
いや、もしかすると、昔そういう経験をしたから、トラウマになっているのかな。

確かに用を足している時に、話しかけてくるやつって嫌だよね。
そういうやつは、久しぶりに会った相手に「このこの~」とか言いながら、ジャブを打つんだよね。

「釣りバカ日誌」でスーさんと浜ちゃんがよくやっている。
漫画の中ならばいいけれど、現実にやる人には参るよね。


君は誰かに後ろに立たれることの恐怖症なのかも知れないね。
今度から君のことを「ゴルゴ君」って呼んでいいかい?

いいわけないよね。


君が周りを気にするのは、君の勝手だけれど、君のいるスペースに入る度ににらまれたり、誰なのか確認されるのは、気持ちよくないんだ。

みるなよ!

単刀直入に言ったら、もう人間ではなくなるよね。
だから、そんなことは言わないよ。

生きづらく、イヤな事だらけの世の中で、誰もがそうであるように、きっと、君もなにかに怯えているんだろうね。
共感はしないけれど、理解はできるよ。

| |

« 早起きしてホルモン負荷試験 | トップページ | 今すぐ止めなければやばいビジネスメール5か条の禁則 »

くらし」カテゴリの記事