« 自分はこういうタイプです | トップページ | 「みどり」と「九十九島みどり」 その違いとは? »

2016年2月18日 (木)

アラブ会結成

みんなの光麺がやって来た。

「この話しましたっけ?」
同じ話を2度することほど、みっともないことはない。
だが、その話をこの相手にしたかを覚えていないことがある。

歳ですよ、トシ!
と簡単に片付けられるのには賛同できない。

もしかしたら、MCIかも知れない。
物わすれ外来を1度受けに往きたいと思う。


さてそれはどんな話かというと、家入レオがライブのアンコール前に「とんこつラーメンの汁」を飲むという話だ。

油分を摂ると喉によい。その反対に油分を取ると声は出づらくなる。
「だから、カラオケに行って烏龍茶を飲むのは最悪らしいですよ」
親戚がサントリーに勤めていたら、とても言えないようなことを言っているその場所は、恵比寿駅前のラーメン屋「光麺(こうめん)」

今日は新たに結成した「アラブ会」の皆さんと第1回歌合戦。
その腹ごしらえ会場に、とんこつラーメンを選んだわけだ。


アラブ会というのは、今年は「東京都下0系3本視察」「いすみ鉄道と小湊鐵道で往く房総半島半周の旅」でご一緒したアラブさん、サオリさんと僕。

いすみ鉄道の車窓からセイタカアワダチソウを見ている時に、3人とも「Mr.children」そして「カラオケ」が大好きであるということが判明したのだった。


さて、記念すべき第1回の歌合戦会場は「カラオケの鉄人」(以下=カラ鉄)
これまで定番にしていた「カラオケ館」の場合、1ドリンクに抑えても、3時間で1人2,500円かかる。
カラ鉄の場合、クーポンを利用すれば「フリードリンク」3時間で1人1,500円。

カラ鉄を選ぶ理由は、その安さだけではない。
1つの部屋で複数のカラオケが選べるのだ。


カラオケ店に入ると、いつもならば佐野元春「ALL FLOWERS IN TIME」の音源がある「LIVE DAM」を指名する。
しかし「LIVE DAM」の部屋が空いていない日は、2軒、3軒と違う店を探し歩かなければならない。
ところが「カラ鉄」の場合、端末に複数カラオケメーカーの選択肢が表示される。
人気曲の場合、複数メーカーの異なるバージョンが提案されて「本人映像」「生音」などから選べるのだ。


第1回のテーマは「Mr.children」を1曲以上歌うこと。
あとは自由。


この日のset list(●は僕)

Dragon Night
ロマンスがありあまる●
シーソーゲーム

RPG
プレゼント●
Period

終わりなき旅
麦の唄●
列車戦隊トッキュージャー

生物学的幻想曲
名もなき詩●
ウィーゴー

時の流れに身をまかせ
Everybody needs somebody●
やつらの足音のバラード

Fight Music
ボヘミアンラプソディー●
筋肉マン Go Fight
夜空ノムコウ
約束の橋●
瞬間センチメンタル

PLAY
宇宙刑事ギャバン
蝋人形の館●

さよならの向こう側
さよなら●
again

天使と悪魔
Starting Over●
サボテンの花

ラララ
15の夜●
歓送の歌

Progress
東京VICTORY●


ご覧の通り、アラブさんは「アニソン(anime song)」サオリさんは「SEKAI NO OWARI」のファンである。
できれば人には「サプライズ」を仕掛けたい。
いつも、そう考えている。
この日のために、2ヶ月かけて練習した「プレゼント」に、サオリさんが「歌い込んでますね!」と言ってくれて安堵したのだった。


チェックアウトカウンターで、中国人の爆買いレシートか?と思うような「今日歌った曲」のレシートをくれた。
これからは、自分でメモを取らなくて済む。

| |

« 自分はこういうタイプです | トップページ | 「みどり」と「九十九島みどり」 その違いとは? »

音楽」カテゴリの記事