« 東京マラソンまで1週間 レースで持つ給食>候補品 | トップページ | 5分でわかるシュレディンガーの猫 »

2016年2月22日 (月)

カラオケボックスの不思議な料金体系

第1回アラブ会から3ヶ月後
第2回の幹事はアラブさん。

幹事といっても、カラオケの幹事はさほど難しくない。
花見のように、ブルーシートを敷いて場所取りすることはないし、呑み会のように料理や予算、あるいは宴席の趣向に気を病むこともない。
では、ただカラオケ店に予約を入れればよいかというと、アラブ会の場合は違う。

それは、グルーポンのクーポンを3人分確保するところから始まる。
日取りが先に決まるのではなく、クーポンが売りに出されたところから動き出すのだ。

今回は幹事のアラブさんが、グルーポンから来る山のようなメールを日々チェックする。
いつもならば、件名を見るだけでもうんざりするDMを1つ1つ開いては、カラオケの鉄人(以下=カラ鉄)からのお誘いが届いていないかを探す。


ある日、カラ鉄「3時間1,500円」のクーポンが売りに出た。
そこで、クーポン有効期限の範囲内で調整して日程が決まる。
幹事のアラブさんが3人分のクーポンを立て替え購入。
カラ鉄のクーポン取扱いがある店に予約を入れる。
これが幹事の作業である。



それにしても、カラオケボックスの料金体系は不思議だ。
「3時間1,500円」を1人1部屋で利用すると、総費用は1,500円。
だが「3時間1,500円」を3人1部屋で利用すると、総費用は4,500円。

受けとるサービスが一定の場合、頭数が多ければ単価は安くなるはずだが、そうではない。
むしろ、人数が多いほど単価あたりで受けられるサービスは目減りする。
一方で、お店側は人数が多いほど、同一サービスで多くの対価を受け取れる。

よく「社会問題」にならないものだ。
ケータイ料金には「0円はダメよ」と行政が関与する時代だ。
いずれ「不思議なカラオケボックスの料金体系」にも、メスが入る日が来るかも知れない。
それには、こうして同じ疑問をもつ仲間が必要だ。



第2回アラブ会セットリスト

ウィーアー!i☆Ris
終わらない歌 ゆず
シュガータイム 佐野元春
戦え電人ザボーガー 子門真人
炎と森のカーニバル SEKAI NO OWARI
花の名 BUMP OF CHIKEN
The other self
真夏の夜の夢 松任谷由実
大きな玉ねぎの下で 爆風スランプ
花 ORANGE RANGE
プレゼント SEKAI NO OWARI
足音 Mr.children
君がいるだけで
ジョジョTVバージョン
六本木心中 アンルイス


ジョジョ
Home SEKAI NO OWARI
ray BUMP OF CHIKEN
東京 やしきたかじん
First love 宇多田ヒカル
ハピネス AI
哀戦士 Gakut
アースチャイルド SEKAI NO OWARI
進化論 Mr.children
LOVE IS ALL 
NIPPON 椎名林檎
Death on two legs QUEEN
美しき狼たち おぼたけし
女々しくて ゴールデンボンバー
終わりなき旅 Mr.children
今日もどこかでデビルマン 十田
花鳥風月 SEKAI NO OWARI
SOME DAY 佐野元春
ウルトラマンメビウス
愛を止めないで オフコース
夢の中へ 井上陽水
桜坂 福山雅治


いつもならば、カラオケ中にスマホに曲目を書き留めているが、カラ鉄はお帰りに「曲目レシート」がもらえるので、手間がなくて助かる。
数ヶ月後の開催を期して、少し寒さがゆるんだ週末の街路を駅へ急いだのだった。

人生には、知らなくていいことが、あふれている。
人生には、歌仲間が必要である。


| |

« 東京マラソンまで1週間 レースで持つ給食>候補品 | トップページ | 5分でわかるシュレディンガーの猫 »

音楽」カテゴリの記事