« 春日原からバスでAvenueへ | トップページ | 村上龍が言うほど、佐世保は衰退していない。 »

2016年2月 8日 (月)

「WRJ新春ランニング感謝祭」第17回開催

2016年2月7日<日>
恒例の「WRJ新春ランニング感謝祭」第17回大会が開催された。

前日の曇りから一転、当日は抜けるような青空が広がった。
自宅を一歩出たところで、お天気の神様に感謝すると同時に、冷たい風に嫌な予感が走ったランナーも多いだろう。


「WRJ新春ランニング感謝祭」は毎年2月の第1日曜に、川崎市の古市場陸上競技場スタート/ゴールで行われるハーフマラソン。
「5km」「10km」レースも併催される。

主催する「WRJ」は走ることで飢餓の終わりに貢献しようというNPOである。


 概要
■大会正式名称
第17回 ワールドランナーズ・ジャパン(WRJ)新春ランニング感謝祭

■開催日
2015年2月7日(日)
2012年大会より、2月の第1週開催となった。
例年、2月7日頃は雨が多いのだが、この日はお日様に恵まれた。

■制限時間
2時間45分
ただしレース停止の措置はとられない。

■参加費
3,000円
2013年までは2,000円、2014年から2,500円、そして今年は500円値上がりした。
元々低価格で出場できる気軽な大会だったが、徐々にいい値段になりつつある。
経費を差し引いた収益は慈善事業に充当される。

■定員
2,000人


【 時系列の記録 】

2015年9月17日
過去の参加者に郵便DMが届いた。

2015年9月18日
RUNNETとスポーツエントリーでエントリー受付開始。
受付締切は1月15日だが、定員いっぱいになることはなく、締切後も事務局に連絡をとるとエントリーできるようだ。

2015年11月27日
過去の参加者に案内メールが届いた。

2016年1月中旬
ナンバーカード、資料がメール便で届く。

2016年2月7日<日>
9:00-10:00 受付 *前日受付はない
10:30 号砲
13:00 閉会式 抽選会
13:15 レース終了(制限時間)

例年どおり、ゲストでM高史が参加した。


11時現在の気候は「晴れ」
気温:6度
懸案の風はやはり強く、上流から下流(河口)へ向かう風6m

古市場陸上競技場から等々力までが向かい風。
等々力の折り返しから古市場陸上競技場に向かう区間が追い風。
(ハーフマラソンは古市場⇔等々力を2往復)
ただし、砂塵が舞うほどの風ではなかった。


給水は5km毎。
新幹線・横須賀線のガードからやや南に給水所がコース左右に設けられた。
おなじみピンク色のジャンパーを着た大会スタッフは、往路ランナーが来る時は往路側、復路のその時は反対側と、移動して給水に当たっていた。


タイム計測は前年同様、リストバンド方式。
これはセンサーではなく、ゴール後、ランナーが機械にタッチしなければならない。
大会スタッフが「リストバンドをタッチしてください!」と連呼し続けている。

この方法では、ランナーはゴールを駆け抜けることはできない。
複数のランナーが同時にゴールする時は、順番を待たなければならない。
これだけは、違う方法にした方がよいと思う。


出場した皆さん、納得のレースになったでしょうか?
おつかれさまでした!


| |

« 春日原からバスでAvenueへ | トップページ | 村上龍が言うほど、佐世保は衰退していない。 »

マラソン」カテゴリの記事