« 2週間待ってUEFAから届いたポルトガル優勝記念Tシャツ | トップページ | 機内で膨張したバッテリー回収 SONYの迅速な対応 »

2016年8月 9日 (火)

iPhone5の液晶が浮いて光が漏れている

Windows10パソコンを使い始めてから3月が過ぎたが、いまだに壁紙は一度も代えていない。
Windows(窓)の向こうから強い光が射しこみ、こちら側の暗闇を照らしている。
窓枠の隙間からは強い光が漏れている。
きっと窓の向こうには強い光の世界が広がっているのだろう。


その日も僕はWindows10のパソコンを落とし、スマホで明日の天気予報を確認してから、眠りにつこうとしていた。
シーリングライトのリモコンを操作してライトを落とす。
するとiPhone5から強い光が筋状に漏れているのが見えた。

おかしいな、Windowsでもないのに・・

再びライトをつけてiPhone5を確認する。
ホームボタンを押下して画面を点灯させ、少し斜めにかざしてみる。
すると画面に沿って右側に光の筋が見える。
なんだこれは?
左側を確認すると、左側にも同様の筋。
起き上がり、つぶさに観察すると、液晶画面が浮き上がり、両側に隙間ができていた。そこから光の筋が漏れていたのだ。

いったいどうしたことか?

さっき落としたばかりのWindows10を再び立ち上げる。
数ヶ月前まで使っていた「WindowsVista」であれば「明日しらべよう」と諦めていた。なにせ、パソコンが立ち上がりウィルスチェックが終わり、何らかのソフトが使えるようになるまでには3分~4分の時間を要したからだ。
その点、Windows10でSSDを入れたパソコンの場合、20秒程度で「Google先生」にたどり着ける。


"iPhone5 画面が浮いている"
するとGoogle先生は既に複数の回答を用意してくれていた。
初出は2014年から2015年のものが多い。
「最近始まったことではないのだな」とわかる。
自分の機械では、症状が出るのが遅かったと言うことか。


原因はバッテリー。バッテリーが熱を持つことで膨張して液晶画面を押し上げているというのが、Google先生の見解である。

そういえば確かに、ここ数日やけにバッテリーの消耗が速いなと思っていた。
いつもならば、1日を終えてもまだ50%は残っていたのが、ここ数日は20%を切る日が続いていた。
バッテリーについては不良品の可能性もあるらしい。


バッテリーの不具合については以前、使っていた「バイオU」という小型パソコンで、同様の経験がある。
大容量バッテリーを装着して飛行機の中で使っていた時のことだ。

上空に上がり、キャビンアテンダントによる許可を告げる放送が終わってからパソコンの電源を入れる。
テーブルを出してバイオUを置く。
すると、ぐらぐらしていて落ち着かない。
テーブルにお菓子のクズでも落ちているのか?
パソコンを持ち上げて見たが、テーブルはキレイそのもの。
手でなでてみても凹凸はなく、フラットそのものだ。

だとしたらパソコン側か。
バイオUの大容量バッテリーは本体の下にザブトンを敷くようにセットする。
ビスケットを2枚重ねているような状態だ。
バイオUを裏返してバッテリーを撫でてみた。
すると、中央あたりがぽっこり突き出している。

再びテーブルに置いてみると、そのぽっこりが支点になって、パソコンがぐらついているのだとわかった。
特に熱をもっているわけでもないし、異臭もなかったが、機内というシリアスな場所である。
自分発の大惨事が起こってはいけない。
そのまま電源を落として、カバンに仕舞った。

つづく

| |

« 2週間待ってUEFAから届いたポルトガル優勝記念Tシャツ | トップページ | 機内で膨張したバッテリー回収 SONYの迅速な対応 »

ハード・モノ」カテゴリの記事