« 一般的な幸せ | トップページ | 暇になると心が沈んでくる »

2016年10月 9日 (日)

非日常を記録する

父が浄土に還って
しばらく時間が過ぎた

初めて親を亡くすという経験を通して
とても多くのことを考えてきた

父はその死をもって、子供に
「人の死」
という実感を教えた


そして、母もまた浄土に還った。
親を亡くす経験は2度目であり、
慣れているとまで言わないが、既知のことである。


なにかの違いがあるとすれば、それが
母であるということ。


父親に対して感じていたことがあり、父親の死で感じたことがある。
大半は自身の「親との向き合い方」に対する自問自答だった。

そこで、多くのことを自分に問いただしたから、今度はそれとはまた違う、新たな自問自答があると思う。


父を先に亡くし、後から母を亡くす
それぞれがどう違うことなのか。

順番が逆だったらどうだったのだろう。

考えは尽きない。

ただ、こうした非日常のなかで、そうした自らに降りかかる「自問自答」をできるだけ、記録しておきたいと思う。

それが、少しでも誰かの役に立てばいいと思う。

| |

« 一般的な幸せ | トップページ | 暇になると心が沈んでくる »

ノート」カテゴリの記事