« 来年のことをいうと鬼が笑う? | トップページ | 「エアマックス97S」も初めての復刻 »

2016年12月17日 (土)

エアマックス96 ついに初めての復刻

ナイキ エア マックス 96 XX SP
ブラック/ダークコンコルド/ホワイト/メタリックシルバー
870165-001
19,980円


「ナイキ エア マックス 96」は「エアマックス狩り」という言葉を生むほどの大ブームを起こした「エアマックス95イエローグラデ」の翌年に発売されたモデル。

こぼれた涙のような形でメッシュが抜かれており、これは当時「ティアドロップ」と呼ばれた。

「エアマックス95」で起爆した「ナイキブーム」を確固たるものにした名作が「「エアマックス96」
メンズの1stカラーは白いレザーアッパーにgrayのティアドロップ。
今回、復刻を確認したのはメンズの1st、2ndカラーである。



ナイキは過去モデルの細部を変更して「SC=sports classic」(「えすしー」と読む)として発売している。

「なせばなる なせるはアラブの大統領」
といったのは僕の旧友だが「SC」は人気モデルが多いナイキだけが成せる技である。


ただ近年は、靴が売れなくなったために過去の資産に再登場願うことがめっきり増えた。
90年代にエアマックスに熱狂していた人たちは、恐らく当時よりも収入が増している。
そして都合のよいことに、当時買い集めていた靴はすべて加水分解して、ごみ焼却場行きとなっている。

ニューモデルの発売情報を追い求め、発売日には開店前から行列する。
運悪く買いそびれたら、無駄足覚悟で手当たり次第に、そこらじゅうの靴屋を巡回する。
そうした90年代の郷愁をそそる「SC」は、最新モデルには触手を伸ばさない旧コレクターたちを、再びナイキショップに呼び寄せるのである。


しかし「エアマックス96」は「SC」乱発のナイキが頑なに、復刻を我慢してきたモデル。
映画でいうならば「地上波初登場」にあたる「初復刻」である。
「96 XX SP」は、エアマックス96発売から20周年を記念して復刻された。





ついに、きたか。
この画像をみて血管が逆流しない靴コレクターはいないだろう。
だが、ここはまだ冷静だ。
すぐに「カートに入れる」は押さない。

いったん、ナイキのウェブサイトを離れて、この靴が市場ではどう迎えられ、どう売られているかをしらべる。
すると、アッパーとティアドロップ共に「黒」のモデルも同時発売されていた。


そして、さらにこんなものまで見つけてしまった。

つづく

|

« 来年のことをいうと鬼が笑う? | トップページ | 「エアマックス97S」も初めての復刻 »

コレクター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 来年のことをいうと鬼が笑う? | トップページ | 「エアマックス97S」も初めての復刻 »