« 僕らの「紅白歌合戦」始まる | トップページ | 僕らの紅白歌合戦3 初めてのカラオケボイスドリンク »

2017年1月10日 (火)

僕らの紅白歌合戦2 佐野元春 初出場

紅組2 moto
「雪のクリスマス」Dreams come true

女性の歌というのは男が歌うには概ねキーが高い。
なかでもドリカムは高い方だ。
男がこの曲を歌う場合、いかに前半を押さえて喉を温存できるかがポイントになる。
だが、この日はみごとに失敗した。
最終盤の♪降りしきる雪の中で~I love you♪がきっちり歌えた時の心地よさを求めて、これからも歌い続けたい。

この曲はドリカムの中でも代表的なものだと思っているのだが、カラオケで歌うとたいてい「これいい歌ですねぇ」「こんな曲があったんですか」といった反応が返ってきて不思議だ。


白組2 仲野君
「やさしくなりたい」斉藤和義

斉藤和義は過去に一度だけ「紅白歌合戦」に出たことがあるという。
この曲はその時歌った曲である。


紅組3 moto
「川べりの家」松崎ナオ

金曜夜、NHK「72時間」を見ている人ならばおなじみ。
エンディングでかかるテーマソングである。
長年この番組を毎週録画して見ている。
最近では終盤にさしかかった時、この曲のイントロが流れる前に聞こえてくるようになった。
いずれ、松崎ナオにも「紅白歌合戦」の出番があるかも知れない。


白組3 仲野君
「Young foever」佐野元春

佐野元春も紅白歌合戦には一度も出ていない。
NHKではラジオ番組やテレビ番組を持っていた時期もあり、局との縁がないわけではない。
その頃には「今年は出るらしい」と、ファン仲間で語り合っていたが、ここ数年はその話題も出なくなった。

仲野君が佐野元春を1曲入れてくるのは想定内。
まぁひょっとして僕に敬意を表して遠慮してくれるかなと思っていたが、そういう配慮とは無縁のようだ。
僕にはこの日、2016年の締めくくりとして歌いたい1曲があった。
その男性歌手さえ外してくれれば・・・


紅組4 moto
「糸 (2007年収録 歌旅)」中島みゆき

ずいぶん昔の曲だが、ここ数年「カラオケで歌われる曲ランキング」の上位に常駐するようになった。

「カラオケの鉄人」が他のカラオケチェーンと比べて優れているのは、1つの部屋で複数のカラオケ(メーカー)が歌えることだ。
他の店では「LIVE DAMを希望します」と事前に希望メーカーを指定しなければならないし、その日は他のメーカーは歌えない。
「カラオケの鉄人」では端末機で曲を検索すると、有名な曲の場合、複数メーカーのいろいろなバージョンが選択肢として提案される。

「糸」は人気の高い曲だけに、1画面いっぱいくらいの選択肢が表示された。

もしも、同室で目の前にいるのが、橋本環奈や中元すず香だったら、失敗は許されない^^;)
そこは手堅く「まま音」を選ぶだろうが、ここは気心の知れた仲間。
リストの中から「このバージョンは、どんなのだろう?」というものにチャレンジするのが楽しい。

驚いたことに「2007年収録 歌旅」バージョンは、本人が歌っていた。
本人も歌っているカラオケはこれまで「BABYMETAL」だけしか経験がなかった。
他にも探してみれば、いろいろとあるのかも知れない。

それにしても、なぜ中島みゆきはあんなに歯を見せて笑って歌うのだろう。
あれくらい笑った方が、声が出やすいのかと思ってやってみたが、あまり変わらなかった。

| |

« 僕らの「紅白歌合戦」始まる | トップページ | 僕らの紅白歌合戦3 初めてのカラオケボイスドリンク »

音楽」カテゴリの記事