« 下関海響マラソン ゴミ収集車の隊列が素晴らしい | トップページ | 「あのくさ」と呼びかけるAmazon Echo »

2017年11月30日 (木)

「AIスピーカーってスピーカーとどう違うの?」

「AIスピーカーってスピーカーとどう違うの?」

友達のともちゃんがそういうから、僕は手短に説明することにした。
なぜならば、僕は「Amazon Echo Dot」について、ちょっと詳しいからだ。

ちなみに、文章にするとこんな感じだ
世界中の利用者情報を学習してスキルアップしていく音声サービスの端末
しらべるの定義)

小難しい

これでは、いけ好かないやつと思われる
人が面と向かって話す場合、相手の知識量を類推して、もっとも受け入れやすい言葉を瞬時に選ぶ必要がある。
共感とロジックがトレードオフの関係にあるように、理解と論理も実は相容れないのである。

僕はこんな風に話す

音楽を聴きたい時、パソコンやスマホを自分で操作しないといけませんよね。
それが「音楽かけて」と呼びかけるだけで鳴り始めるスピーカーです。

ふーん
ともちゃんは、だいたいのイメージを掴んだように見える
そこで、理解を定着させるために、少しだけ話しを肉付けする

必要なのは「AIスピーカー」と「Wi-Fi」です。
AIっていうけど、AIが機械の中に入っているわけじゃなくて、AIはネットでつながった先のクラウドにあるんです。

なるほどっ
どうやら、わかってくれたようだ

では、ともちゃんへの話しはここまでにして、ここから先は読者の皆さんに向けて話そう。


「AIスピーカー」はクラウドにあるAI(コンピューター)と通信してサービスを受ける。
用意するものは、メーカー各社が発売しているネットワーク端末と、自宅のWi-Fi環境。

■日本発売状況

2017年10月5日
LINE「Clova WAVE」

2017年10月23日
Google「Google home」 miniを3,000円で販売

2017年11月
Amazon「Amazon echo」 Amazon Echo Dotを3,900円で販売

2017年12月
SONY「LF-S50G」

2018年
Apple「HomePod」発売予定


「AIスピーカー」は、ユーザーとのやりとりを学習して賢くなっていく。
ただし、各社のAIが学習した情報は相互に共有されない。
従って、最も売れているメーカーの「AIスピーカー」が、より高いスキルをもったサービスに育っていくことになる。

つづく

| |

« 下関海響マラソン ゴミ収集車の隊列が素晴らしい | トップページ | 「あのくさ」と呼びかけるAmazon Echo »

ハード・モノ」カテゴリの記事