« 可愛いのに「あざとい」?ヴィヴィくん | トップページ | 諫早、長崎、佐世保 V・ファーレン長崎のスタジアムはどこに置くべきか »

2018年3月25日 (日)

浦和戦まで2時間 我慢できずにDAZNに入る

2018年3月10日(土)
長崎は晴れ
V・ファーレン長崎公式ツィッターがそう伝えている。
浦和をホームトラスタに迎えた第3節まで、あと2時間
見たい!
でも、今日はテレビ中継がない。
居ても立ってもいられない
もう我慢できない

ダゾーンに入ろう

DAZNはパソコン、スマホ、テレビ(Chromecastなどを使用)でJリーグを見ることができる。
パソコンで手続きをするとすぐに見ることができた。
WOWOWのように「月割り」ではなく、入った日付で月が変わっていく。
1ヶ月無料なので、4月10日から「前払い」で課金される。


右上の「虫眼鏡」アイコンをクリック
「V・ファーレン長崎」でキーワード検索
現場で見た第1節湘南戦の「見逃し配信」をクリック


試合前の風景から映像が始まる
応援練習するサポーター
スタジアムに到着する選手たち
監督インタビュー

コマーシャルはない
試合前に行われた湘南の各町長挨拶といったセレモニーはすべてカット
これはいい!


実況が入っている(アナウンサーと解説者)
レポーターもいて「今日は試合前に水をまいた」といった興味深い情報を入れてくれる。
これは、現場で観戦中に知ることができたら楽しい。

当然かも知れないが、得点シーンではリプレーが入る。
現場では「何が起きたかわからない」
観戦のお供にDAZNを持って行きたい。
(パケット料が心配だが・・)

見逃し配信視聴期限は、およそ一ヶ月
試合時間中、パソコンの前に座ることができない日もある。
「見逃し配信」は、かなり楽しめそうだ。


メイン映像の固定カメラは「メインスタンド」側にセットされている
これにいくつかのズームカメラが連動する。
絵作りとしては、地上波、BSで見るサッカー中継と比べて遜色はない。


ハーフタイムには前半のスタッツが紹介される
現場で見ている時、こうしたデータ、専門家からもたらされる情報は何もない。
これを現場で見ることができたら、後半がより楽しめただろうし、何より、観戦仲間との会話が弾むことだろう。

スタッツの後は前半戦ハイライト映像
「見逃し」で見ている時は、要らなければ飛ばせばいい。
現場で見ている時、生配信を見ている時は、手持ち無沙汰な「15分」(ハーフタイム)のヒマが潰れていい。


浦和レッズ戦まであと1時間
「問題が発生しました」
「インターネット回線に問題はありませんか?」
というメッセージが断続的に出始めた。

足下のネット回線はいつも通りの速さ
ということは、DAZNのサーバーが混み始めたと言うことか

ぐるぐると円を描く待ち時間がつづく
ここで一度DAZNのトップ画面に戻り、再度、番組を選択し直すと、再び視聴することができる。
これは、ネット配信のお約束だ。

再接続後も、断続的に途切れる。
これは「足下」「サーバー」2つの混雑が交互、あるいは同時に起こるためであり、それぞれのサービスの混み具合に左右される。
「DAZNだけが悪い」わけではないが、毎月1,890円の出費をしていることに見合うストレスかを判断していくことになりそうだ。

| |

« 可愛いのに「あざとい」?ヴィヴィくん | トップページ | 諫早、長崎、佐世保 V・ファーレン長崎のスタジアムはどこに置くべきか »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事