« V・ファーレン長崎 トラスタがまだ4,283席余っている。 | トップページ | フェイクニュース規制法施行 »

2018年3月31日 (土)

4節札幌ドーム 数えられそうな長崎応援席

<4節>
コンサドーレ札幌(15位)-V・ファーレン長崎(13位)
両チームとも今シーズン未勝利で、初勝利をめざす。
今シーズン初めてのJ1日曜日一斉開催
札幌の天候は晴れ。
外は8度だが、ドーム内は22度に保たれている。
ほとんどの時間帯でプレーが停まっている野球ならばまだいいが、サッカーで22度は厳しいのではないか。

今日もDAZN観戦
長崎サポーターのサイドに水を撒いている映像が流れる


長崎の選手は「白」の2ndユニフォーム
ただし、GK増田卓也は1stの「黄緑」を着ている
2ndの「ピンク」では、札幌の「赤」と同系色だからだ。


前節浦和レッズ戦に続き、チェキュベックは先発出場
3日前、YBCルヴァンカップでゴールをあげた中村慶太が、ゼイワン初スタメン
中村慶太以外の10人は、YBCルヴァンカップはお休みだった。


高木監督インタビュー
「あとわずかというところまで来ている。今日のゲームでも勝ち点3は可能だと思う」

長崎のサポーター席が寂しい
ひーふーみんと、手で数えられそうだ
確かに、長崎から札幌まで来るのは大変だよなぁ・・
札幌に住む長崎出身の皆さん、来年はもうちょっとお願いします

選手入場で、長崎の選手にはエスコートキッズが付いていない
あれは、両クラブに付くものだと思っていた
選手整列にヴィヴィくんが並んでいない
この日は長崎にお留守番

ヴィヴィくんは飛行機や電車に乗ることができない。高速バスも無理。
なぜならば頭がつかえて、乗れないからだ。
従って、ワゴン車で移動するしかない^^;)
くまモンのようにワープできればいいのだが・・


<前半>
キープしない。意図的に「もたない」策が徹底している
初シュートはボールを「持っていなかった」中村慶太
狙い通りの序盤
「3節まで平均走行距離1位」
実況アナウンサーが紹介する

10分
フリーでファンマがシュート 2本目のシュートも長崎

11分
ジェイが札幌の初シュート
チェキュベック「もっとボールにこい」と味方に指示
ファンマがファウルをもらう
ゴール正面FK こぼれ球ファンマがシュート
ファンマが攻守によく走っている。
「距離」だけならばメッシの1.3倍はいくのではないか。

チェキュベックの当たりが強い。GKへのヘッドでの戻しも正確
「韓国籍の選手がいるチームには絶対勝ちたい」
というコメントが紹介される
外見おとなしそうだが、勝ち気なのだ
ますます気に入った

24分
中村慶太が「やってはいけない横パス」のミスで決定的ピンチを迎えたが、チェキュベックが戻り失点を防ぐ

28分
中村慶太にイエロー

34分
翁長聖がシュートをふかす。今日の翁長聖、凡ミスが多く「らしくない」
かなり汗をかいている。やはり、ドーム内はサッカーには暑過ぎるのだ。

42分
ファンマに後ろから足をかける
CKフリーでDF髙杉亮太のシュートはクロスバー
前半唯一の決定的好機を逃したところで長い笛が鳴った。
「ゴールへの近さ」では圧倒した前半
ボール支配率は定位置の「39%」
シュート本数は7-2で勝っている。

| |

« V・ファーレン長崎 トラスタがまだ4,283席余っている。 | トップページ | フェイクニュース規制法施行 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事