« 3節 V・ファーレン長崎-浦和レッズ <後半> | トップページ | 4節札幌ドーム 数えられそうな長崎応援席 »

2018年3月30日 (金)

V・ファーレン長崎 トラスタがまだ4,283席余っている。

Jリーグのルールでは、大会試合数により出場停止となる「累積枚数」が異なる。
9試合以下・・2枚
10~19試合・・3枚
20試合以上・・4枚

明治安田生命Jリーグの場合、全34節34試合なので、出場停止となるのは「累積4枚」につき1試合。
二度めの「累積4枚」では出場停止が2試合となる。
従って、ファンマはあと2枚もらうと「累積4枚」となり、次節1試合が出場できない。


additional time
+2
これがラストプレーか
CKに鈴木武蔵が真芯で合わせたが
GKが左手で触る

ちなみに「真芯」という言葉は広辞苑第七版には載っていない。
その昔、王貞治が「ボールをましんで捉えました」と言っていたし、違和感のない言葉だが、学者公認ではないようでATOKでも変換されない。


+3
浦和レッズがゆっくりと攻める
引き分けでもいい?
いや、ラストプレーゴールを狙っているのだ
浦和レッズのボールがゴールラインを割った時
西村主審の長い笛

長崎に安堵の勝ち点1

「浦和レッズサポーターからブーイングです!」
カメラが浦和応援席を映し出している。
映っている人の顔が判別できるこの映像は、その後ニュース映像で繰り返し使われることになる。
規約には「スタンド観戦中の映像がメディアで使われることがある」と明記されている。
初めは「テレビに映った」で済むかも知れないが、これだけ度重なると「同じ映像の使い回しは止めて欲しい」のではないだろうか。


埼玉から来た5,000人のサポーター
遠くから来たのだから、不満なのはわかるけれど・・
江山楼で美味しいちゃんぽん食べて・・
と言いたいところだから、ここは諫早だし
(すみません)
リンガーハットか浜かつで食べて帰ってください
ゴマをすって待つ浜かつは楽しいですよ


さて、初めてのDAZN観戦
試合開始からの90分
一度も映像が途切れることはなかった
DAZN使えるぞ!
これから先、カレンダーに試合スケジュールを書き込んで楽しくなりそうだ

ボール支配率38%
走行距離123.3km(浦和115.7km)
アタッキングゾーンは翁長聖の奮闘により左サイドが51%だった。


Jリーグの観客は、試合が終わるとあっという間にいなくなる
観客数:15,975人(トラスタの定員は20,258人)
「長崎は今日も雨だった」前節の14,125人を塗り替えて、トラスタ史上第3位。

歴代1位
2017年11月、ゼイワン昇格を決めた試合 22,407人
歴代2位
2013年3月、J2に昇格した年のガンバ大阪戦 18,153人

アウェイサポーターに充てられた5,000席は完売
それでも、まだ4,283席余っている。

| |

« 3節 V・ファーレン長崎-浦和レッズ <後半> | トップページ | 4節札幌ドーム 数えられそうな長崎応援席 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事