« なぜ大阪の長崎県人はスタジアムに足を運ぶのか | トップページ | 「3-1という内容でもなかったかな」高木琢也監督 »

2018年5月21日 (月)

ヤンマースタジアム長居は29,845人

<13節>
5月5日(土)
セレッソ大阪-V・ファーレン長崎

前半20分
高木が1対1のシュート
徳重健太がナイスセーブ

22分
ゴール正面、セレッソのFKは壁に当たる
23分
つづいてのCKは徳重健太がパンチで逃れる
画面右側で、セレッソの試合がつづく

30分
徳永悠平が自陣で軽率にボールを失う
ボールをうけた柿谷は難なく先制ゴール
「これくらい当然」と言わんばかり
ガッツポーズも無く、感情を表に表さない

33分
飯尾竜太朗がCKを取る
中原彰吾は中央に高いボール
DFにクリアされる

35分
新里涼が自陣でボールを失ったあとFKを与える
36分
直接狙った丸橋のFKは右隅のポストに当たり跳ね返ってゴール
0-2

続けてミスからの失点は痛手が大きい
ここから切り替えるという経験を積む時だ

39分
タテのボールを鈴木武蔵が一人で持ち込むが、DF3人に阻まれてシュートは打てず

43分
中原彰吾のヒールから、ペナルティエリア内を澤田崇がドリブルで進みシュート、1m左に外れる

46分
中原彰吾CK中央に入れたボールは味方に合わない

「あと5分」からのチャントV-ROADが聞こえてくる
長い笛が鳴った後も、歌声は続いていた

前半のボール支配率46%


<後半>
0分
珍しく、開始早々長崎が人数をかけて攻め込む
「出足を速く」「まず一点とろう」という指示が出たのだろう

9分
飯尾竜太朗のクロス
中村慶太が胸トラップでコントロールしてみごとなシュート
GK一方も動けず
1-2

10分
高木監督のハーフタイムコメントが紹介される
「攻撃はできている。一点とっていこう」

12分
鈴木武蔵に代えてファンマ

14分
中村慶太のクロスにファンマが飛び込む。惜しい

15分
長崎が攻める時間帯つづく
中村慶太がこぼれてきたボールを回転してのシュート
シュートコースはあったがコントールきかず

観衆が29,845人と発表される
今期V・ファーレン長崎の試合では最多


【V・ファーレン長崎データ】
アウェイゲーム観客数

観客数 ホームクラブ スタジアム
12,148 湘南 Shonan BMW スタジアム平塚
13,568 札幌 札幌ドーム
13,158 仙台 ユアテックスタジアム仙台
6,193 清水 IAIスタジアム日本平
8,047 磐田 ヤマハスタジアム
11,848 鹿島 カシマサッカースタジアム
29,845 セレッソ ヤンマースタジアム長居


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« なぜ大阪の長崎県人はスタジアムに足を運ぶのか | トップページ | 「3-1という内容でもなかったかな」高木琢也監督 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事