« シュートを外して謝る翁長聖 | トップページ | マラソン用のイヤホンが壊れた »

2018年8月21日 (火)

惜しかった!クロスバーに当たれば100万円

18節FC東京-V・ファーレン長崎
味の素スタジアム
<前半>
34分
長崎が4連続シュート
4本め、髙杉亮太のボレーは、髙杉亮太にとって今期最高ではないかと思われるいいキックだったが、大久保拓生が弾き出す。
(この3週間後、髙杉のボレーは、彼にとってゼイワン初得点を挙げることになる)

36分
バイスのFKは前線のファンマの頭にぴたりと合う
ボールの止めの巧さ、キックの正確さ
いいじゃないか
ナイス!バイス!
後にファンの間で「合い言葉」になるこのフレーズが生まれた瞬間だ

しかし、これだけ好機が続いるのに、それを決められないことは、とても悪い予感がしていた。


40分
こぼれて来るボールを待ち構えていた翁長のシュートは枠の左に外れる
目の前で見ている僕らは「枠に入れてくれよ~」と思う。
だが、映像を見るとDFが2人がかりでコースを塞いでいた。

試合後のインタビューでは、先の決定的シーンに続いて、ここも俎上に挙げられた。
「待たずに2~3歩詰めて(シュートコースを広くして)おいてもよかったですね」
反省の弁を述べる翁長聖。
そうして、若き翁長は1つずつ階段を上っていく。


ひいき目に見なくても、前半は優勢に進めた
辛抱してなんとか耐えた0-0ではなく、久しぶりに「強い方のチームのサッカー」を見た気分だ。
しかし、だからと言ってこの時点で勝てる気はしないし、引分けすら見えてはいない。「いいサッカーをしたチーム」が勝つとは限らない。



ハーフタイムショーは「成功すると100万円!DAZNチャレンジ」
ペナルティエリアのラインから蹴って、クロスバーに当てれば100万円。
確率の高い宝くじのような企画だが、ピッチに立てるのはわずかに5人。
ホームFC東京サポが4人、ビジターの長崎サポは1人。
残念ながら僕は選に漏れた。

はじめの3人はボールがコロコロと地面を転がった。
サッカーボールを宙にもち上げるには、相当なキック力が必要なのだ。
4人めは平和祈念ユニフォームを着た長崎サポ。
力強く蹴ると、ボールはふんわりと上がったが惜しくもクロスバーの上。
ボールが宙に浮いたのはただ1人。
残念ながら100万円は出なかった。

DAZNさん、ここで使わなかった100万円
またどこかでお願いします。


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« シュートを外して謝る翁長聖 | トップページ | マラソン用のイヤホンが壊れた »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事