« 戸倉のどや顔に、目のやり場に困る | トップページ | 上五島上陸まで2ヶ月 レンタカーと高速船を予約する »

2018年8月29日 (水)

浦和レッズはスポーツ文化

テレビ埼玉(テレ玉)では、毎週金曜日夜に浦和レッズの番組「REDS TV GGR」が放送されている。
週末に長崎戦を控えた放送では、浦和レッズの選手が長崎戦への意気込みを語っていた。

DF槙野智章
「僕等が長い時間ボールを持つのは間違いない。守りを固めた相手をどうこじ開けるかという試合になる」

長崎が守りを固めると言われるのには違和感を感じるが、ホームタウンの放送は、こんなものなのだろうか。

<20節>
8月5日
浦和レッズ-V・ファーレン長崎


その日は夕方に溜池山王で講習を終え、南北線に乗って「浦和美園」をめざす。
日頃から「浦和美園方面」という文字は目にしていたが、その駅に浦和レッズのスタジアムがあることは知らなかった。


次の駅で目の前にV・ファーレン長崎の2018homeユニフォームを着た女の子が乗ってきた。
年の頃からして、今年、長崎から東京の大学に出て来たというところか。
僕のユニフォームは、講習を終えてきたばかりなので、まだデイパックの中。
一方、赤いユニフォームが3人
決戦の電車だ。

電車が終点に近づくに連れて「赤」の比率が増えていき、やがて「赤」一色に染まった。

僕はFC東京戦と同様の験担ぎをしてユニフォームを着替えて駅を出る。
スタジアムまで1.2キロ。
バスに並ぶ行列を尻目に歩き始める。



埼玉スタジアム2○○2
埼玉県さいたま市緑区美園2-1
開場:2001年
サッカー専用スタジアム

スタジアム名はW杯開催年に因んで「2002」だと思っていたが「2○○2」だった。

スタジアム前にはスタグルが食べられるよう、たくさんのテーブルと椅子が並んでおり、夏まつり会場かビヤガーデンのようだ。とても賑わっている。
今年足を運んだ関東スタジアムの中では、周辺の賑わいは随一だ。



収容人数は63,700人
J1でホーム集客数1位の浦和レッズ
V・ファーレン長崎は最下位
これは歴史の差か。
もちろん、長くやっていればどのチームもそうなるというものではない。
現在のJリーグでサッカーチームが「地域のスポーツ文化」と言える状況にあるのは、浦和レッズだけではないだろうか。
これから「スポーツが文化になる」ということはどういうことなのかを解明していかねばならない。




V・ファーレン長崎ブログ

| |

« 戸倉のどや顔に、目のやり場に困る | トップページ | 上五島上陸まで2ヶ月 レンタカーと高速船を予約する »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事