« なんと分厚い攻め 難敵FC東京から先制点 | トップページ | 「関東アウェイ初勝利」記念に、可愛いヴィヴィくんを即ゲット »

2018年8月26日 (日)

味スタで勝てるとは思っていなかった

18節FC東京-V・ファーレン長崎
味の素スタジアム

<後半>
additional time4分
僕等は「V-ROAD」で最後の声を振り絞る
長崎は右ポストでボールを動かさず時間を消費する
スローインを構えた飯尾竜太朗は「なんで取りに来ないの?それじゃ投げられないよ」とばかりに仲間に訴える
笑える

最後のピンチをしのぎ、ボールをクリアすると長い笛
僕らは360度ぐるりと回って、仲間とハイタッチ
さらに二巡目のハイタッチ


今年「関東アウェイ」の応援を始めてから7試合め。
ここまで全敗。引分けすらなかった。
初めて歌う勝利のチャント
初めてなので、まだ歌詞を覚えていない。
選手を見送るチャントを歌い終えると、万歳をしながら現れた高田明社長
そして、〆はジャパネットチャント!


FC東京のGK、大久保拓生が長崎サポーターの所へ挨拶に来る(大久保は2016シーズンまで、当時J2の長崎に在籍)
僕等はタクオコールで応える
「たくおー」
「停めすぎ~」^^;)
まったくだ。
この試合いったい彼に何点停められたか、数え切れない。


DAZNでは徳永悠平、幸野志有人がFC東京サポーターに挨拶に行くシーンが紹介された。
Jリーグでは、選手が過去に在籍したチームのサポーターへ挨拶に行き、サポーターがそれを暖かく迎える光景がある。
もちろん、中には「挨拶にも行けない」ケースもあるのだろう。
その境目はどこにあるのだろうか。



観衆が引き上げた後、DAZNでは「金J」企画として、解説の水沼貴史が長崎ベンチへ降りて、翁長聖のインタビュー。
滑舌がいい!
びっくらこいた
「えー」「あのぉ」を全く言わない
美しい日本語での受け答えを、日頃から心がけていなければ、ここまで清々しい印象にはならないものだ。



興奮も覚めやらぬまま、家路を急ぐ。
コンコースに出ると、試合前には行列のためスルーしたグッズ売り場が閑散としているのがみえた。

そうだ、ヴィヴィくん買おう

ワゴンに座っているヴィヴィくんが「並ばずに買えるよ!記念に買ってよ」と僕を呼んでいた。



V・ファーレン長崎ブログ

| |

« なんと分厚い攻め 難敵FC東京から先制点 | トップページ | 「関東アウェイ初勝利」記念に、可愛いヴィヴィくんを即ゲット »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事