« スポーツを文化にするには、どうしたらいいだろう | トップページ | トランスコスモスが佐世保に進出! »

2018年9月 3日 (月)

40年振り、五島へ

40年ぶりの上五島上陸まで一週間
僕の心は憂鬱な雲に覆われていた。
旅の前はいつもこうなのかも知れないが、そういった記録をつけていないのでわからない。
次の旅のために書き残しておこう。

3泊4日の旅
手配済みなのは交通手段(飛行機とタクシーと船とレンタカー)と宿泊先、そして頭ヶ島天主堂見学の事前連絡。

それ以外には何も決まっていない
どこでご飯を食べるか、何処と何処を訪れるか。
誰かと会う予定もない。
そもそも、40数年前を最後に連絡が途絶えた級友たちと連絡を取る術がない。
もしかすると、NTTの電話帳でも繰れば、友達の名前の1人や2人出てくるのかもしれない。

中学の時同じクラスだったmotoだけど、覚えてないよねぇ
今度、あれ以来初めてそちらに往くのだけど、よかったら昔話でもどう?

電話をかけて、こんな感じで切り出せば、それほど邪険にはされないと思う。
だが、僕にはそれができない。
心の底に、友達を大事にしてこなかったこと、いや絞り込んで言えば、友達づきあいを大切にしてこなかったことが、引っ掛かっている。

今は亡き人たちに手を合わせる時も、そうした気持ちがある。
なにを今さら。
生きている時、もっと話しろよ


自分への懲罰というわけではないが、自分が懐かしむ時だけ連絡をするなんて、都合が良すぎるだろう?
それはやってはいけないんじゃないか?
歯止めがかかる。


あまり準備していないので、予定もそれほど決めていないんだけど
40年ぶりに懐かしめればいいかな

郷里の姉にそうメールを入れた
共に五島で暮らした家族はもう姉しか残っていない。


五島にはまたいつか往きたい
それは僕の中では数十年来の既定路線だった。
子どもの頃、暮らした町を訪れるというのは、転勤や転校を繰り返すことで友達を失ったことと引換に得られる「特権」のようなものだ。

懐かしい町で、昔と変わったこと、変わらないことに接して、遠き懐かしき日々に思いを馳せる。
なんと素敵なことだろう。

そういえば数年前、そろそろ五島に行きたいと切り出した時、母が目を輝かせていたのを思い出す。
僕はまだその時ではないと思っていて、その話題をそれ以上は膨らませなかった。
またひとつ、心の澱に淀んでいたものを掘り返してしまった。

上五島ブログもくじ

コメントについて~非公開希望の場合、その旨をお書きください。

|

« スポーツを文化にするには、どうしたらいいだろう | トップページ | トランスコスモスが佐世保に進出! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スポーツを文化にするには、どうしたらいいだろう | トップページ | トランスコスモスが佐世保に進出! »