« 人の強さを教えてくれた丸尾の友達 | トップページ | マラソン大会必勝の戦略 »

2018年11月29日 (木)

懐かしの魚目中「農道一周」を走る

五島の旅<2日め>
朝起きて、早々に暑さ対策のウェアに着替えると、ワゴンRに乗り込む。
今日の練習は「五島RUN」走りたいポイントは3つある。
①浦桑坂ダッシュ
②農道一周
③魚目中マラソン大会コース

全行程を走っても距離は10km強だが、気温は既に30度を超えている。つなぎはジョグではなくワゴンRにした。

①浦桑坂到着
始めに坂下り、中口医院から折り返して上り坂ダッシュ。
一度、自分の足で走ってみたい。その夢が叶ったので、すぐに次のポイントへ移動。

②農道一周
魚目中学校の正門前からスタート。農道一周を左周りする。
昨日下見をしていた通り、丸尾から坂に入る。ここは急勾配で一気に農道の高さまで登り切る。コンクリートに日が照りつけて、既にかなり暑い。あたりに人影は無く、丸尾の皆さんは家の中にこもっている。お陰でこんな酔狂なところを見られなくて済む。
魚目中の背後を通り過ぎると、すぐに魚目小に向かって道が下り始める。両脇にうっそうと茂る雑草が陽を遮り、気温がぐっと下がる。

魚目小のグラウンドでは少年野球チームが練習している。僕が子どもの頃、そういうチームはなかったな。あれば入っていたかな。いや「かっこつける男は入れん」と言われたかも知れないな。

県道に出て魚目小の校門を左にみて通り過ぎ、峠を登りきるとそこからは魚目中までの下り。中学二年の時に駅伝選手に選ばれ、ここをへろへろになって走っていた。ここで見ていた一学年下の陸上部女子から「らすとー」と激励されて、急にダッシュしたことを思い出した。
農道一周2.2kmを20分かけて終了。子どもの頃、走っていた光景は思い出せなかった。ただ、ひたすら暑い。

③魚目中マラソン大会コース
中学校一年の時、校内マラソン大会で走ったコース。
校庭のトラックを半周、校門を左折して県道に出る。
丸尾の県道を走り似首で折り返す。今回走ってみて距離は3.80kmだった。校庭には入らなかったので、その分を足しても4.3kmというところか。子どもの頃は長いと感じたコースも、マラソンランナーとなった今は、呆気ないほど短い。


マラソン大会の日。僕は一発やってやろう!と密かに意気込んでいた。もちろん、ダメだった時に恥ずかしいので、そんなことはおくびにも出さない。
小学校の頃から今日まで運動会の徒競走(短距離)で最下位以外を走った記憶がない。何回かブービーはあったかも知れないが。
だが、体育の授業で計る長距離(といっても1500m)のタイムはそれほど悪くなかった。もしかすると、戦術によっては上位に食い込めるのではないか。
出場するのは1~3年の男子。そのうち陸上部の連中は「駅伝の部」に選抜されていて居ない。
およそ100人の出走。上位10位くらいに食い込めれば、クラスをあっと言わせることができる・・

「motoはテストの点だけかと思ったら、足も速いっちゃね」
そんな賞賛の声を妄想しながら、僕には一つの秘策があった。

|

« 人の強さを教えてくれた丸尾の友達 | トップページ | マラソン大会必勝の戦略 »

旅行・地域」カテゴリの記事