« クリスマスコンサートで遊佐未森と歌うサイレントベルズ | トップページ | 衝撃!!ランニングが育毛に!! »

2018年12月25日 (火)

ルーテル市ヶ谷の教会で遊佐未森ときよしこの夜を歌う

花の二重唱(銀河手帖)
グノーのアヴェマリア

クロ
かつて「NHKみんなのうた」に提供した曲
歌詞がこれほどまで頭に入ってくる曲は珍しい
猫を飼ったことがなく、猫が好きでない人でも、猫と暮らした人に感情移入できるから、きっと、猫を飼ったことがある人にとっては、とてももの悲しい曲なのだろう

Angel snow
NHKの子供番組「天才てれびくん」の音楽コーナーに提供した曲で、遊佐未森のアルバムでは「TRAVELOGUE~遊佐未森 sweet and bitter collection」に(mimori version)として収録されている。
「この曲を私がステージで歌うのは初めてだと思います」と言われてこの曲が始まると、え、そうなの?もう何度もやっているような気がした。それほどに「TRAVELOGUE」を聴きこんだ時期があったということだ。


カリヨンダンス
曲を紹介すると、観客が沸いた
「もうヘイ!を言う気満々ってことですね」
そうだ。僕だってやる気だ
この間のつくばマラソンでセトリに入れた。この曲がかかると思わず「へい!」と小さく声に出し、笑いながら走ったのだった。
今日は遊佐がドラムではなくミニ鉄琴を叩いている
三人しかいないから、いろいろなことをやらなければならない
観客の手拍子の音が一段と大きくなる
空気が暖まってくる

ん?
いやそれどころじゃない。暑いぞ
クリスマス会が進行するに連れて、人々の熱気の行き場がなく気温を押し上げている。
その熱気を空調が逃がしてくれればいいのだが、どうやら暖房にセットされているらしく、MIZUNOの発熱素材ブレスサーモに会場が包まれたような熱気になっている。
ナイキのエアロロフトジャケット(ダウン)を脱ぎたいが、脱いでも置く場所がない。終わるまで、あと少しの辛抱だ


あっという間に迎えた終演の曲は「ロカ」
三人編成だが、それは冷蔵庫の残りもので仕上げた炒飯のように、いつもと変わらず、なんの遜色も無い

20:22 本編おわり

アンコールの求めに対して、割とすぐにtico moonの二人が登場する。二人で演奏するのかな?と思ったら、少し遅れて遊佐未森がお色直し無しで登場。

「暑いよね?誰か涼しくしてくれませんか~」
遊佐の呼びかけに、誰も反応しない。
僕らは「ははは」と力なく笑うしかない。
恐らくこの場にいるのはステージの三人、そしてバックヤードで操っている音響・照明さん
会場の係員は事務所でテレビでも見ているのだろうか

アンコールは1曲
「きよしこの夜」の一番を遊佐が歌い、二番はtico moonが演奏。三番は観客が歌う
フォーライフ「クリスマス」アルバムの泉谷しげるみたいに歌ってしまいそうな衝動を抑えるために、ウィーン少年合唱団を頭に浮かべ清らかな気持ちで歌う


20:35 終演
恐らく会場側から求められた撤収時間が21:00なのだろう。
遊佐未森が左の袖に見えなくなったのを確認して、すぐに市ヶ谷の駅へと歩き出した

本日はMimori Yusa Christmas Concert 2018 pianoel教会篇にお越しいただき、ありがとうございます。お帰りに・・

そんな場内放送は流れなかった

おわり

| |

« クリスマスコンサートで遊佐未森と歌うサイレントベルズ | トップページ | 衝撃!!ランニングが育毛に!! »

音楽」カテゴリの記事